マスカレードナイトでアルゼンチンタンゴの曲名は何?キムタクと踊る中村アンのプロフィールも!

マスカレード・ナイト」は、東野圭吾原作の長編ミステリー推理小説で、「マスカレード」シリーズの3作目にあたります。

主演は前作に引き続き、木村拓哉と長澤まさみがタッグを組むことになりました。

木村が演じるの、警視庁捜査一課のエリート刑事新田浩介で、ホテルマンとなって潜入捜査を開始します。

一方の長澤まさみは山岸尚美としてホテルの教育係として新田を教育し、水と油のバディとして難事件に挑みます。

 

今回は、「マスカレード・ナイト」で流れるアルゼンチンタンゴの曲を紹介します。

また、キムタクと踊る中村アンのプロフィールも紹介します。

以下画像の様に、U-NEXTの31日間無料お試しで貰える600ポイントで550円の「マスカレード・ナイト」を今すぐ無料視聴することができます。見放題作品として「マスカレード・ナイト」を無料視聴することが出来ます。

マスカレード・ナイト

作品を楽しみたい方はぜひお試し登録してみてくださいね。

本日から11月3日まで無料!
登録して31日以内に解約すれば料金は発生しません。

「マスカレード・ナイト」で流れるアルゼンチンタンゴの曲

新田(キムタク)が踊るアルゼンチンタンゴのシーンは、映画の冒頭に登場します。

前作では、ホテルを巡る謎解き、そしてホテルの客の人間模様が主に描かれていました。

マスカレード・ナイトでもこの2つを軸にストーリーは進行しますが、本作ではアルゼンチンタンゴのシーンを取り入れることによって、ダンスという新しい要素が映画の中に組み込まれています。

「タイタニック」など名作においても、ダンスシーンが映画に与えている影響は大きいですね。

ダンスという西洋の文化を邦画に取り入れることで、アガサクリスティーのようなミステリーの雰囲気を高めています。

 

キムタクもアルゼンチンタンゴははじめての挑戦だったようで、そのため相当なレッスンをしたようです。

このアルゼンチンタンゴの曲は「リベルタンゴ」といいます。1974年の作品で、作曲はアルゼンチンのアストル・ピアソラです。

リベルタンゴは、リベルタード(自由)とタンゴを組み合わせて作った単語です。

また、映画の中で曲を弾いているのは小松良太で、1973年東京生まれのタンゴ演奏家です。

石井竜也や葉加瀬太郎など有名なミュージシャンとも数多くコラボレーションをしています。

「マスカレード・ナイト」キムタクと踊る中村アンのプロフィール

新田がダンス教室でダンス教室講師の奥田(中村アン)とダンスをするシーンがあります。このシーンはとても色気がありますね。

キムタクだけでも色っぽいのですが、アルゼンチンタンゴという西洋の雰囲気とワイルドさも全面に出されていて、さらに目を奪われてしまいます。

アルゼンチンタンゴは、男性が女性をリードして即興で行われるダンスです。そう考えると映画のシーンがいかに凄いかもわかりますね。

キムタクはダンスレッスンを撮影前に10回していたそうで、「へこみました」と言っています。

一緒に踊る中村アンは「20回した」といいますから凄いですね。過酷な撮影準備だったのです。

 

中村アンは1987年東京都で生まれ、高校から大学までチアリーディング部に所属しています。全国大会にも出場するほどだったようです。

また、年齢は上映時点では34歳で身長は161cmです。

2009年に大学2年の時モデルオーディションに友人に誘われ出場し、グランプリを獲得しました。

その後大学3年時にオファーを事務所から受け、芸能活動をスタートしモデルとしてデビューをしています。

2013年頃には毒舌、そして不潔というキャラクターを前面に出し、ブレイクしています。

また、かき上げヘアは真似をする若者が多くあらわれました。

2014年には、クロスフィットにより引き締まった、健康的な体を作り女性の理想体型1位に選ばれ「美ボディ」としても認知されました。

その後、2015年に女優としてデビューし、2018年には日テレ系テレビドラマ「ラブリラン」でドラマ初主演を務めています。

そのほか、ワコールの下着やKEIRINなど多くのCMにも出演するなど、活躍の場を広げています。

今回の「マスカレード・ナイト」でもキムタクとダンスシーンを演じるなど、注目の女優さんとして成長しています。

まとめ

マスカレード・ナイトは、マスカレード・ホテルの続編です。

前作に引き続き舞台はホテルですが、本作では仮面舞踏会ということもあり、アルゼンチンタンゴという新しい要素が加わり、キムタクの色気はパワーアップしています。

アルゼンチンタンゴはキムタクも一緒に踊る中村アンも初めての経験であり、ハードなトレーニングをして撮影に臨んだようです。

このため、この2人が踊る冒頭のアルゼンチンタンゴのシーンは最高のシーンとなっていて思わず見入ってしまいます。

また、このアルゼンチンタンゴのシーンに流れる曲は、アルゼンチン人のアストル・ピアソラが作曲しており、「リベルタンゴ」という曲です。

映画の中で演奏するのはタンゴ演奏家の小松良太です。

まだ視聴されていない方は、是非このアルゼンチンタンゴに注目しながら、マスカレード・ナイトを是非見てみましょう。

 

また、前作「マスカレード・ホテル」を先にご覧になりたい方はU-NEXTの無料お試し視聴がおすすめです。

詳しくはこちらの記事もぜひチェックしてみてくださいね。

コメント

コメントする