マスカレードナイトの犯人と密告者をネタバレ!動機やなぜ特定できたのかについても!

マスカレード・ナイト」は、東野圭吾原作の長編ミステリー推理小説で、「マスカレード」シリーズの3作目にあたります。

前作46億円の興行収入を記録したヒット作「マスカレード・ホテル」の続編として、2021年9月17日に映画化されました。

木村拓哉が演じるのは警視庁捜査一課のエリート刑事新田浩介で、今回はホテルマンとなって潜入捜査を開始します。

一方の長澤まさみは山岸尚美としてホテルの教育係として新田を教育し、水と油のバディとして難事件に挑みます。

 

今回は、「マスカレード・ナイト」で犯人と密告者をネタバレ解説していきます。

また、動機やなぜ特定できたのかについても紹介します。

以下画像の様に、U-NEXTの31日間無料お試しで貰える600ポイントで550円の「マスカレード・ナイト」を今すぐ無料視聴することができます。見放題作品として「マスカレード・ナイト」を無料視聴することが出来ます。

マスカレード・ナイト

作品を楽しみたい方はぜひお試し登録してみてくださいね。

本日から12月28日まで無料!
登録して31日以内に解約すれば料金は発生しません。

「マスカレード・ナイト」犯人と密告者をネタバレ!

冒頭にある、感電死による感電死による殺人事件の犯人については、結論から言いますと仲根緑(麻生久美子)です。

映画の途中で仲根緑という名前は偽名であり、牧村緑が本名と途中で分かります。

しかしこれも偽名で、最終的には森沢光留という男性が犯人です。

ですが、姿は麻生久美子なので女性なのです。ややこしいですね。。

原作では女装をしているという設定になっている一方、映画ではそこまで細かくは述べられていません。

このため、映画では生物学的には女性ということになっていますが、心は男として生きているという設定です。

 

また、「ホテルの大晦日のカウントダウンパーティ(マスカレードナイト)に犯人が現れる。」と密告してきた密告者は、曽野万智子(木村佳乃)です。

そして曽野の協力者として貝塚由里(高岡早紀)がいます。貝塚は曽野の高校時代の友人です。

「マスカレード・ナイト」動機やなぜ特定できたのかについて

密告者が「犯人が大晦日のパーティに現れる。」という事を知っていた理由としては、曽野万智子が森沢光留との取引場所を大晦日のホテルにしていたからです。

犯人が大晦日のパーティに現れたのは、パーティの中に殺したい相手がいたからではなく、万智子に呼ばれ取引をするためだったのです。

そして万智子は犯人は森沢であることを知っています。

だから森沢が犯人であることを黙っておく代わりに、金銭を要求していたのです。

また、万智子も貝塚由里も身元がばれないようにするために、仮面舞踏会を取引の場所に選んでいたのです。

 

続いて、そもそもの森沢の殺人の動機について説明します。

森沢は、双子の妹の代わりとして和泉春菜と室瀬亜実と付き合っていました。

もともと愛情からの付き合いでしたが、次第に春菜も亜実も別の男性に心移りしていきます。

これが森沢の憎悪につながり、殺害となったのです。

もう一つの動機として、森沢の双子の妹はレイプにより自殺をしています。

警察から「レイプは犬にかまれたと思って早く忘れることだ」などと言われたことも原因でした。

このため森沢は警察に恨みを持つようになり、警察への復讐から殺人事件を起こしていたのです。

これにより警察の信頼が失墜することを望んでいたのです。

最後に、なぜ仲根緑が森沢であると特定できたかについて説明します。

新田は、マスカレードナイトの会場でファントムの衣装を着た仲根の瞳を見て、犯人と特定したのです。

そもそも新田は仲根緑に目星をつけていました。そしてまた、緑の美しい瞳を記憶していました。

つまり、仮面越しでも分かるファントムの瞳と緑の瞳が同じだったから、新田は仲根緑が森沢であると特定できたのです。

 

とはいえ、動機や犯人特定を後出しされると「ずるい!」と言いたくなるほど、分かりにくいトリックとも言えます。

たしかにLGBTネタはトリックとしては斬新かもしれませんが、ヒントもなしで解ける人はいるのでしょうか。

とはいえ、この辺の疑問を加味しても、やはり最高のエンターテインメントに仕上がっているのは疑いようはありません。

>>マスカレード・ナイトを無料で楽しみたい方はこちら。

まとめ

マスカレード・ナイトは、マスカレード・ホテルの続編です。

感電死による女性の殺害の犯人は、仲根緑(森沢)でした。妹の代わりとして愛した女性たちが自分から去った恨みと警察への恨みから殺人を繰り返したのです。

犯人がマスカレードナイトに現れることを密告したのは、万智子と由里でした。2人は、高校の友人でしたが、もともと人をおどして金銭をだましとるということをするような人間でした。

 

新田は、仮面をつける人々の中から森沢を見つけ出すことをしますが、それは仲根緑の仮面越しの美しい瞳を記憶していたことと、仲根緑が犯人であるという目星をつけていたからです。

ファントムの衣装の森沢の仮面越しの瞳は、仲根緑のものと一致していたのです。

まだ視聴されていない方は、謎解き要素が満載で最後まで退屈させないマスカレード・ナイトを是非見てみましょう。

 

前作「マスカレード・ホテル」から視聴をしたいという方はぜひこちらの記事も参考にしてくださいね。

コメント

コメントする