アニメ映画『時をかける少女』の評価・感想まとめ!意味わからないし面白くない?千昭のセリフがかっこいいという声も!名言シーンも紹介

アニメ映画「時をかける少女」は筒井康隆のSF小説が原作です。

1972年には「タイムトラベラー」という題名でテレビドラマとして放送され、1983年には大林宣彦監督により実写映画が公開されています。

そして、2006年7月15日に細田守監督によりアニメ映画が角川ヘラルド映画より公開されました。主題歌には奥華子の「ガーネット」が採用されています。

主人公は仲里依紗さん演じる高校2年生の紺野真琴で、クラスメイトの仲良しと高校生活を送っています。ある日、自分がタイムリープできることに気づき、ストーリーが展開していきます。

タイムリープの秘密には、実は親友が深くかかわっているという事実がわかってきます。

真琴のみずみずしい青春を描きながら、時間を行き来するタイムリープの謎が解明されていきます。

 

今回はそんなアニメ映画「時をかける少女」の評価・感想まとめをご紹介します。

また、千昭のセリフがカッコいいという声も紹介するとともに名言シーンも紹介していきます。

以下画像の様に、U-NEXTの31日間無料お試しで貰える600ポイントで440円の「時をかける少女」を今すぐ無料視聴することができます。

時をかける少女unext

ぜひネタバレやあらすじを読む前に見たいという方はチェックしてみてくださいね。

本日から11月3日まで無料!
登録して31日以内に解約すれば料金は発生しません。

「時をかける少女」は面白い?評価・感想まとめ

「時をかける少女」に対するネガティブな感想は少ないのですが、それでも食わず嫌いの人などはつまらないと言っているようです。

また、リア充な高校生活を送る真琴らの生活に共感できないタイプの人だと、どことなく楽しめないようですね。

「時をかける少女」は「何度見てもおもしろい!」という感想はたくさんありました。

やはり男女の青春時代を描くストーリーは、誰もを惹きつけますね。

千昭のかっこよさは誰もが認めるところかもしれませんね。

ちょっとアウトサイダーっぽい雰囲気と真琴に対する優しさが魅力的ですよね。

そして、彼のミステリアスな部分の核心はラストで明かされてくる、という部分も人気の秘密でしょうね。

■「時をかける少女」を観たい方はこちらの記事をチェック!

「時をかける少女」の名言シーンまとめ

1.「未来で待ってる」

映画のすべてを語る名言シーンですね。

タイムリープならではの名言に脱帽です。

青春真っただ中の別れとその言葉は、切なさと同時に希望を抱かせてくれますね。

2.「お前、タイムリープしてるだろ?」

真琴にはどきっとするひと言です。

しかし、この一言から物語は急展開をはじめます。

物語に緩急を与える名言は心に残りますね。

3.「Time waits for no one.」ハァ?

名言ではないですが、映画を見ていると目につきますね。

そして、このメッセージは物語のすべてを語るひとことであることを視聴者は最後に知ることになります。

こういう隠れキャラ的なメッセージは、映画をより面白くしていますね。

4.「でも真琴、あなたは、あたしみたいなタイプじゃないでしょ?待ち合わせに遅れてきた人がいたら、走って迎えに行くのがあなたでしょ?」「いっけ~~~!」

真琴の素敵さを引き出す魔女の一言ですね。

からの「いっけー!」は映画のクライマックスのひとつですね!

まとめ

今回は、「時をかける少女」の評価・感想、そして名言シーンについて紹介しました。

タイムリープ作品は数多くありますが、本作は原作のよさもさることながら、細田監督によるアニメーションの質の高さもあって見どころが満載です。

また、タイムリープ作品にはつきものの、タイムリープの仕掛けと謎解きもテンポよく、そしてわかりやすく明かされていくため、子供からお年寄りまで楽しめる映画となっています。

そして、なによりも青春映画には欠かせない恋愛要素も適度に織り交ぜられており、目が離せません。秀逸アニメのひとつといってもいいでしょう。

時をかける少女を見たことのない方やSFファン、原作ファン、実写版ファンの方はぜひ一度この機会に見てみてください。

ここまで読んでいただきましてありがとうございました。

コメント

コメントする