MENU

ラピュタは何が面白くてなぜ人気なのか?つまらないという感想や作品が伝えたいことについても!

2020 10/06

「天空の城ラピュタ」は、スタジオジブリの第1作目で、1986年に公開されました。

興行収入こそは「千と千尋の神隠し」や「もののけ姫」には及びませんが、宮崎駿監督の人気作品では堂々の1位となっています。

また、「カリオストロの城」や「風の谷のナウシカ」とは違い、原作が存在しないはじめてのアニメオリジナルの作品でもあります。

人気No1の「天空の城ラピュタ」の面白さ、人気の秘密を今回は調査したいと思います。

ラピュタは何が面白いのか、なぜ人気なのか?

「天空の城ラピュタ」の題名は、ガリバー旅行記に登場する空中都市「ラピュータ」を引用しているそうです。

空中都市と聞くだけでわくわくする人は多いのではないでしょうか?

人間は、人々を見渡せる景色、山頂やビルやタワーの展望台など、なぜか上を目指す生き物のようです。

「天空の城」と聞くだけで、興味を引き付ける題名です。

そして、その天空の城の経緯や設定なども、神秘的で人々の探求心を刺激してくれます。

 

また、ラピュタ人の高度な科学力なども、我々を刺激してくれます。

たとえば、飛行船やロボットやラピュタの黒い石の動きとかが、インスピレーションを刺激してくれます。

 

そして、何よりもラピュタをめぐる人間模様の描き方は本当に素晴らしいです。

シータの登場から飛行石で浮遊するシーンは、誰もが息を飲むシーンです。

そこからの、炭鉱の人々の貧しくも明るい生活と、政府軍の贅沢で欲深な野望との対比もわかりやすく描かれていて興味をそそります。

日本人の大好きな勧善懲悪なシナリオも盛り込んであります。

もちろん、宮崎駿監督のキャラクターはかわいらしさやいじわるさ、勇敢さなどをいきいきと描いてあります。

シータのかわいさはみんなが助けてあげたいと思いますよね。

つまらないという感想はあるのか?

ラピュタは、金曜ロードショーなどで放映されると「バルツ祭」というイベントが起きるほど人気の映画です。

それほど楽しみ方が広がっている映画というのも珍しいですし、なんども再放送がされている証拠でもあります。

そして、そんな高まりを見せるほどの映画だからこそもはや普通に見てもつまらない、という感想を持つ人もいます。

 

また、「天空の城ラピュタ」や「紅の豚」に言えることではあるのですが、いわゆる男子が活躍して女の子を守って敵を倒す、みたいな冒険活劇は圧倒的に男子目線の映画です。

だから、そういう男子目線の映画に飽き飽きしている女子は、意外とつまらないという人がいるかもしれません。

宮崎駿監督の若干少女趣味のようなものも入っているのかもしれませんね。

とはいえ、「天空の城ラピュタ」はなにしろ「千と千尋の神隠し」などを押さえて宮崎駿監督のアニメで人気1位の作品です。

文句なく面白い映画というのが一般的な評価であります。

ラピュタが伝えたいこと

宮崎駿監督の映画は一貫して、自然や地球の環境の大切さを映画の中で強調しています。

それは、映像の美しさからも伝わってきます。

ラピュタという超自然的な象徴とそこで贅の限りをつくしていたラピュタ人、自然や地球を捨てた者たちに対する批判が伝わってきます。

 

後期の作品では、人間の悪の部分も善の部分もひっくるめて人間の本質として許容するような作品、「もののけ姫」とか「千と千尋の神隠し」など。

しかし、「天空の城ラピュタ」においては、宮崎駿監督の考える正しいものが勝つということを強調しているようにも思えます。

だから、ムスカたちへの懲らしめ方も意外と残酷、、、。

ラピュタに到着した人々が目にしたものは一瞬、国破れて山河在り城春にして草木深しな世界に見えて実はそうではなく、科学技術の発達の末路や核廃棄物のようなもののように描かれています。

末代にわたって、人間の生命に影響を及ぼし続ける悪魔のような存在として描き、人間がコントロールできないものへの批判のようにも感じられます。

だから、ラピュタは冒険の到着点あこがれとしてはじまりますが、最後は砂上の楼閣のようなものであるという終わり方となっています。

そういった意味では、宮崎駿監督にはスペースファンタジーなどを描いてもらいたいなとも思ったりします。

スペースXなどについてもどのような感想をもっているのか知りたいですね。

まとめ

「天空の城ラピュタ」は、天空の城という人のあこがれる神秘的な世界を題材にしていて好奇心を満たしてくれます。

また、高度な文明の描かれ方が緻密であり、インスピレーションを刺激してくれます。

登場するキャラクターたちの描かれ方や人間模様も丁寧に作り込まれており、人々のドタバタ劇や緊迫のシーンが息つく間なく、描かれており一気に見てしまいます。

ラピュタを面白くないという人は少ないのですが、男子目線に偏った描かれ方にうんざりする女子はいるかもしれません。

「天空の城ラピュタ」は、地球環境や自然の大切さを特に伝えている内容になっています。

コメント

コメントする