ラプンツェルの裏設定・小ネタまとめ!アナ雪の世界とリンクしているって本当?隠れミッキーやディズニー作品登場シーンも紹介

「塔の上のラプンツェル」はウォルトディズニー・アニメーション・スタジオ製作、ウォルトディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャー配給で、2011年に公開されたコンピューターアニメーションによるプリンセス・ストーリー映画です。

本作品はディズニーで長年アニメーターとして活躍していたグレン・キーンが初めて企画、製作総指揮を行ったということで注目を集めました。

監督はバイロン・ハワードとネイサン・グレノです。

今回はそんな、「塔の上のラプンツェル」について、ラプンツェルの裏設定・小ネタまとめを紹介します。

また、アナ雪の世界と関連や、隠れミッキーやディズニー作品登場シーンについても紹介していきます。

以下画像の様に、U-NEXTの31日間無料お試しで貰える600ポイントで199円の「塔の上のラプンツェル」を今すぐ無料視聴することができます。

塔の上のラプンツェル

ぜひこちらチェックしてみてくださいね。

本日から11月3日まで無料!
登録して31日以内に解約すれば料金は発生しません。

「塔の上のラプンツェル」裏設定・小ネタについて

ディズニー作品には数多くの裏設定や小ネタがあります。

「塔の上のラプンツェル」でも多くの裏設定や小ネタがあるので紹介していきます。

その代表的なものは、本屋のシーンです。

本屋の床ではラプンツェルとフリンが座っていますが、そこには3つの物語が本として置いてあるのです。

それは、①美女と野獣、②リトル・マーメイド、③眠れる森の美女です。

このように「塔の上のラプンツェル」にもディズニー作品ならではの裏設定・小ネタがありますので紹介していきます。

>>塔の上のラプンツェルを無料動画配信サービスで見たい方はこちら

「塔の上のラプンツェル」アナ雪の世界とリンクしているって本当?

ディズニー作品では、他の作品のキャラクターを登場させることが多々あります。

「アナと雪の女王」と「塔の上のラプンツェル」にも裏設定があります。

1.エルサの戴冠式にラプンツェルとユージーンが出演

「アナと雪の女王」のエルサの戴冠式の日には、ラプンツェルとユージーンが後ろ姿だけですが登場しています。

戴冠式で大勢の人がお城にやってくるためワクワクしているアナのそばに、ラプンツェル(黒髪)とユージーンの2人が後ろ姿だけですがうつっているのが分かります。

2.アナ、エルサとラプンツェルは従姉妹?

実は、アナとエルサ姉妹とラプンツェルは従姉妹同士という説があります。

ラプンツェルの実の母親とアナ&エルサの母親の顔がそっくり。このため、親同士が姉妹ではないかという噂が流れているのです。

もちろんこれはディズニーの公式発表ではありませんが、アナ雪が両親の事故から3年後の世界であり、ラプンツェルの公開が2011年、アナ雪が2014年

期間が3年と一致していることから、このような噂が流れました。

3.エルサの両親が船に乗ったのはラプンツェルに会うため?

エルサたちとラプンツェルが従姉妹という噂の理由には、「エルサたちの両親が船で旅行に出かけた」を挙げる人もいます。

両親が出かける理由が描かれていないため、ラプンツェルとユージーンの結婚式に参加するためだったと考える人がいるのです。

しかし、両親は事故でなくなってしまいます。

そのため、エルサの戴冠式にはラプンツェルとユージーンの2人だけが出席したと考えられるのです。

4.「アナと雪の女王」と「塔の上のラプンツェル」では時代設定や舞台が近い

「アナ雪」の舞台、アレンデール王国はノルウェーに位置しています。

「ラプンツェル」の舞台であるコロナ王国はドイツに位置しています。

地図で両国は非常に近い場所にあります。

そして、時代設定はおそらく両作品とも16~18世紀と考えられます。

このようなことから両作品の登場人物はつながっていると考える人が多くいるのです。

「塔の上のラプンツェル」隠れミッキーやディズニー作品登場シーンについて

ディズニー作品には、お約束といっていいくらい、隠れミッキーが登場しています。

「塔の上のラプンツェル」も例外ではありません。

隠れミッキーを探すのもディズニー作品の醍醐味ですよね。

1.王様と王妃の肖像画

映画の冒頭で王と妃の肖像画が登場します。

王妃のネックレスはミッキーの形をしています。

2 鏡に映る絵具セット

塔に閉じ込められたラプンツェルは絵を描きます。この時、開いた絵具セットが鏡に映ります。

その鏡に映る絵具セットの形は上下逆さですが、ミッキーの形になっています。

3 酒場の地下にある酒樽

ラプンツェルとユージーンが旅の中で立ち寄る酒場スナグリー・ダックリンがあります。

そこで、2人は衛兵から逃げるために地下の抜け道を通ります。そこに酒樽がありますが、その酒樽も隠れミッキーを形作っています。

 

次に、「塔の上のラプンツェル」に登場する、ディズニー作品の隠れキャラを紹介します。

1.ラプンツェルが魔法の髪を得ることとなった魔法の花

映画「モアナと伝説の海」のモアナが住んでいるモトゥヌイ島に咲いています。

魔法の花の力でラプンツェルの母親は病気を治し、お腹にいたラプンツェルの髪に魔法の力が宿ります。

2.オルゴールのアクセサリー

ラプンツェルが生まれた時、ベッドの上に王国の紋章となる太陽をデザインしたオルゴールがあります。

このオルゴールには5つのアクセサリーがついていますが、その後作品に登場するキャラクターになっているのです。

次の5つのキャラクターになります。

  1. カメレオンのパスカル
  2. 白馬のマキシマス
  3. 酒場スナグリー・ダックリンのマスコットであるアヒル
  4. 塔のある森に住む小鳥
  5. 天使(酒場スナグリー・ダックリンで酔っ払った天使の恰好をした老人)

みなさんも、これらの隠れキャラを是非探してみてくださいね。

まとめ

「塔の上のラプンツェル」の裏設定・小ネタのまとめについて紹介しました。

また、アナ雪の世界との関連や隠れミッキー、そしてディズニー作品登場シーンも紹介しました。

ディズニー作品ならではの美しい映像と多彩なキャラクターで、繰り返し何度見ても楽しめる作品となっています。

まだ、見ていない方、ディズニーのアニメファン、そしてプリンセス・ストーリーが好きな方は、是非見てみてください。

ここまで読んでいただきましてありがとうございました。

コメント

コメントする