王子・ユージーンの魅力を徹底考察!最初は悪役として登場?フリン・ライダーは偽名?ラプンツェルとの年齢差やエンディングについても!

「塔の上のラプンツェル」はウォルトディズニー・アニメーション・スタジオ製作、ウォルトディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャー配給で、2011年に公開されたコンピューターアニメーションによるプリンセス・ストーリー映画です。

魔法の力を持つラプンツェルが泥棒フリンが塔の中に忍び込んできたことで、初めてラプンツェルは塔の外に出ることができる、というストーリーになっています。

今回はそんな「塔の上のラプンツェル」について、王子・ユージーンの魅力を徹底考察します。

また、フリン・ライダーという偽名についてや、ラプンツェルとの年齢差やエンディングについても紹介します。

以下画像の様に、U-NEXTの31日間無料お試しで貰える600ポイントで199円の「塔の上のラプンツェル」を今すぐ無料視聴することができます。

塔の上のラプンツェル

ぜひこちらチェックしてみてくださいね。

本日から11月3日まで無料!
登録して31日以内に解約すれば料金は発生しません。

「塔の上のラプンツェル」王子・ユージーンの魅力

自信家でイケメンなユージーンのファンになった方も多いのではないでしょうか。

ユージーン(フリン・ライダー)について紹介します。

1.本業は泥棒

ラプンツェルとの出会いは運命的なものでした。

ユージーンはスタビントン兄弟とともに王女のティアラを盗んで逃げている途中、塔にいたラプンツェルと出会います。

ユージーンは泥棒だったのです。

今までのディズニー作品のプリンセスと恋に落ちる男性は、王子様や貧しくても心清らかな人というのが定番でしたので意外ですね。

古典的なディズニー作品も現代的な内容になってきていますね。泥棒という、どう考えても悪人がプリンセスの相手役なのです。

2.ナルシストで自信家

フリン・ライダーは自信過剰です。どちらかというとヒール役のような性格で登場します。

しかし、女性に対する心遣いのできる素晴らしい人物なのです。

チャラチャラした軽い男のような印象を受けるユージーンですが、徐々に良い部分が分かってきます。

「そのギャップがいい!」という女性も多いのではないでしょうか。

3.ラプンツェルとの歳の差は8歳

ラプンツェルは18歳、ユージーンは26歳という設定です。

ディズニー作品のヒーローとしては、かなり年上の設定になっています。

実はディズニー作品では、ラプンツェルとユージーンの年の差が一番大きいそうです。

現代でも歳の差カップルが目立つようになってきましたから、これも時代なのでしょうね。

「塔の上のラプンツェル」最初は悪役として登場?フリン・ライダーは偽名?

ユージーンは、孤児として幼少期を過ごしています。

愛情を受けずに育ったため、読書が好きになり、現実にない世界に憧れるようになりました。

その後は盗賊になります。盗賊として町では最も有名な人物となります。

ユージーンは当初、悪人として登場しているのです。それは、過去の生い立ちにも関係があるようですね。

また、フリン・ライダーという名前は、幼い頃に読んだ物語の主人公の名前を自分でつけたもので偽名です。

本名は「ユージーン・フィッツハーバート」といいます。

「塔の上のラプンツェル」ラプンツェルとの年齢差、エンディングについて

ラプンツェルとユージーンの年の差は8歳あります。現代では珍しくない歳の差ですが、これは時代の流れに合わせたものだそうです。

また、「塔の上のラプンツェル」のエンディングはいくつか考えられていたようです。

もともとはラプンツェルがユージンを殺す予定だったそうです。

それは、結婚したユージーンが浮気をしてしまい、裏切られたラプンツェルが失望し、塔からユージーンを落として殺してしまうという恐ろしいエンディングです。

やっぱりディズニー作品は、ハッピーエンドがいいですよね。

>>塔の上のラプンツェルを動画配信サービスで楽しみたい方はこちら

まとめ

「塔の上のラプンツェル」のユージーンの魅力について紹介しました。

また、フリンは最初は悪役として登場?フリン・ライダーは偽名?そして、ラプンツェルとフリンの年の差やエンディングについても紹介しました。

ディズニー作品ならではの美しい映像と多彩なキャラクターで、繰り返し何度見ても楽しめる作品となっています。

まだ、見ていない方、ディズニーのアニメファン、そしてプリンセス・ストーリーが好きな方は、是非見てみてください。

ここまで読んでいただきましてありがとうございました。

コメント

コメントする