『孤狼の血 LEVEL2』で日岡の髪型やサングラス姿がカッコいい!時計のブランドは?殺人を警察がもみ消した理由も!

孤狼の血LEVEL2」は、前作「孤狼の血」の続編にあたります。

舞台は広島の架空の都市・呉原となっており前作と同様です。そして、時代は前作の昭和63年から3年後になります。

伝説の刑事・大上章吾が亡くなった後に、その意思を受け継いだ日岡秀一がやくざに立ち向かう姿が描かれています。

 

今回は、「日岡の髪型やサングラス姿がカッコいい!」といった感想、時計のブランドを紹介していきます。

また最後に、日岡の殺人を警察がもみ消した理由も紹介します。

先に前作「孤狼の血」を視聴したい方は、U-NEXTの無料お試しがおすすめです。

以下画像の様に、U-NEXTの31日間無料お試しで見放題作品として「孤狼の血」を無料視聴することが出来ます。

unext_孤狼の血

 

本日から3月24日まで無料!
登録して31日以内に解約すれば料金は発生しません。

「日岡の髪型やサングラス姿がカッコいい!」といった感想

松坂桃李演じる日岡は、前作では大上の部下として青臭い正義感をふりかざす広島大学出の新米エリート刑事でした。

その3年後という設定のLEVEL2で、日岡は短髪に無精ひげといった風貌に変化しました。

松坂桃李は、本人自ら「飢えた狼のように」ということから精悍な体つきと精悍な髪型にしました。自分から短髪を申し出るあたりはさすが役者ですね。

日岡の髪型も精悍でかっこいいのですが、上林の髪型も話題になっています。

この髪型は、1989年公開の「ブラックレイン」で松田優作へのオマージュのようです。たしかにどことなく髪型を似せていますね。

日岡の短髪と無精ひげはもちろんかっこいいのですが、なんといってもサングラスが決まっていますね。

そして、ポスターの日岡のサングラスにうっすらと映り込む男は、上林?!

日岡のサングラス姿もいけてますが、上林のサングラスも忘れてはいけません。どちらも譲らないかっこよさですよね。

「孤狼の血LEVEL2」を観たい方はこちら

「孤狼の血LEVEL2」日岡の時計のブランド

日岡はオメガの時計を使用しています。警官にしては高価な時計をはめていますね。

尾谷組からプレゼントされたのかもしれませんね。スポーティなシーマスターはイケメンの日岡には似合っています。

日岡はオメガですが、前作の大上はロレックスのデイトジャストをつけています。

文字盤にダイヤがちりばめられたギラギラしたもので、大上らしい時計です。こちらは、だれからの贈り物でしょうか?

ちなみに、LEVEL2の石橋蓮司さんもロレックスを着用しています。

やはり極道映画には、ロレックスが合うのでしょうか。ブライトリングやHUBLOTをつけていたらオシャレだけど極道な感じがしないかもしれないですね。

各出演者の腕時計のブランドは、↓のサイトにまとめられてましたので気になる方は御覧ください。

孤狼の血LEVEL2出演者の腕時計ブランド一覧

孤狼の血出演者の腕時計ブランド一覧

「孤狼の血LEVEL2」殺人を警察がもみ消した理由ついて

日岡は、ピアノ講師殺人事件の助っ人として広島市にやってきました。

この事件は、上林の出所と時を同じくして起きていることと、ピアノ講師が上林をいたぶっていた刑務官の妹千晶であったことから、上林が犯行に関わっている可能性は濃厚でした。

しかし、捜査を続けても一向にピアノ講師殺人事件の犯人の手掛かりはつかめませんでした。

 

というのは実は嘘で、本当は警察の上層部監察官嵯峨の手引きで、決定的な証拠を鑑識で隠滅していたのです。

死体からは、精液が検出されていたのでした。おそらくこれは上林組の者のもので、これがあれば上林組の検挙は確実なものでした。

なぜ警察がもみ消しを図ったかというと、嵯峨は日岡に恨みがあったので、日岡をおとしめるために上林組と尾谷組の抗争を発生させたかったのです。

このため上林組を泳がせ、抗争を起こさせ、日岡の失脚を狙っていたのです。

まとめ

孤狼の血LEVEL2で日岡は精悍な髪型、体つきになっています。

この際松坂桃李自ら申し出て、短髪な髪型にして「飢えた狼」を演出しています。

このようにしてかっこいい日岡ができあがったのです。

また、日岡の着用している時計にも注目が集まりました。着用しているのはオメガのシーマスターでした。

 

警察が殺人をもみけした理由は、嵯峨の差し金です。

上林組と尾谷組の抗争を止め、上林組を壊滅させたいと考える日岡をおとしめるために、上林組が関わっていたピアノ講師殺人事件の証拠隠滅を嵯峨が指示していました。

このため、日岡は上林組検挙の手掛かりをつかめず泥沼にはまり込んでいきます。

「孤狼の血LEVEL2」は、前作を見ている人も、見ていない人でも楽しめる映画になっていますが、どちらもおすすめの内容となっています。

是非、一度見てみましょう。

コメント

コメントする