【ファンタビ2】クリーデンスの正体は誰?ダンブルドアの弟って本当?プロフィールや能力について紹介

「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」は「ファンタスティック・ビースト」シリーズの第2作目にあたり、2018年に公開されたファンタジー映画です。

人気映画「ハリーポッター」シリーズのスピンオフ作品にあたります。

時代は「ハリーポッター」シリーズの70年前で、1927年のニューヨーク、ロンドン、パリでのストーリーとなります。

1作目で捕らえられたグリンデルバルドが脱獄し、パリでクリーデンスの獲得に謀略を巡らします

それを阻止するために、魔法省やダンブルドア校長らが動き、ニュートらも巻き込まれていきます。

今回はそんな「ファンタスティック・ビースト黒い魔法使いの誕生」について、クリーデンスの正体やプロフィールについて徹底解説します。

下記画像の様に、U-NEXTの31日間無料お試しで見放題作品として「ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生」を無料視聴することが出来ます。

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生

本日から12月31日まで無料!
登録して31日以内に解約すれば料金は発生しません。

「ファンタビ2黒い魔法使いの誕生」クリーデンスの正体は誰?

クリーデンスは、リタやカーマと血縁があるとされてきました。

それは、リタはリタ・レストレンジといい、レストレンジ家であるからです。

また、ダンブルドアが「リタとクリーデンスは双子の姉弟」という発言をしています。

一方、ユスフ・カーマはセネガルの純血の一族でしたが、カーマの母親に目を付けたレストレンジ家当主がカーマの母親と無理やり再婚します。

当主は母親の子供を産みます。これがリタ・レストレンジです。

 

しかし、産後に母親は死んでしまい、当主は再び新しい妻と結婚します。

そこで生まれたのがコーヴァス・レストレンジです。

ユスフ・カーマは父親からレストレンジ家当主から最愛の者を奪うよう誓いを立てさせられます。

そこでカーマは、コーヴァス・レストレンジの命を奪うことを誓います。

カーマが追ってたどり着いたのが、クリーデンスすなわちコーヴァス・レストレンジなのです。

しかし、復讐を恐れていたレストレンジ家当主は、リタとコーバスを船でニューヨークへ逃がします。

 

しかし、リタはコーヴァスのお守りが嫌で、他人の子供とコーヴァスをすり替えてしまいます。

この時船は沈没してしまい、本物のコーヴァスは死んでしまったという事実が判明します。

そのため、すり替えられたコーヴァスは、レストレンジ家の血を受け継いだものではなかったのです。

カーマが誓いを立てて追ってきたコーヴァスはすでにレストレンジ家ではなく、どこの誰だかわからないクリーデンスなのでした。

「ファンタビ2黒い魔法使いの誕生」クリーデンスはダンブルドアの弟というのは本当か?

グリンデルバルドが墓地で集会を開いて、自分の側につくことを迫られたクリーデンスは、世界を変えてくれることを信じて、グリンデルバルドにつくことを決心します。

グリンデルバルドはクリーデンスの出自などすべてを知ったうえで、クリーデンスを自分の側に呼び寄せていました。

オーストリアの城に移動したグリンデルバルドは、ひな鳥を扱っているクリーデンスに向かって次のように言います。

「ある一族は、危機が迫ったとき、不死鳥が現れるという。」

すると、ひな鳥は不死鳥へと姿を変え、クリーデンスの頭上から飛び立ちます。

「君の兄は、君の命を奪おうとしている。君の兄は、ダンブルドア。そして、君の本当の名前は、アウレリウス・ダンブルドアだ。」

そして、クリーデンスの力は目覚め、強力な魔力を解放します。

つまり、クリーデンスの正体が「アルバス・ダンブルドア」の実の弟であり、本当の名前は「アウレリウス・ダンブルドア」だと明かされたということになります。

「ファンタビ2黒い魔法使いの誕生」クリーデンスのプロフィール、能力について

クリーデンス(俳優:エズラ・ミラー)は、人間界でノーマジとして義母メアリー・ベアボーンに育てられます。

クリーデンスは1881年~1891年の間のいずれかにおいて、ダンブルドア家で生まれています。

大きな特徴は、オブスキュラスの宿主であることです。オブスキュラスは闇であり、宿主をむしばみ、宿主は、0歳までしか生きられないと言われています。

しかし、クリーデンスは強力な魔力の持ち主とされ、10歳を超えても生き続けています。

義母メアリーは、クリーデンスに対し「お前の母親は魔女であった。」と言っています。

このことから、ノーマジとして育てられているものの、魔法使いの血族であることは知れていたようです。

 

グリンデルバルドは、クリーデンスの出自を明かしています。アルバス・ダンブルドアの弟であり、アウレリウス・ダンブルドアが本名であると言っています。

この際、不死鳥がクリーデンスの頭上を飛び、クリーデンスは能力が覚醒して強大な魔力を手にします。

その力は城の窓を突き破り、はるか先にある岩壁を粉々に粉砕するほどの能力です。

アルバス・ダンブルドアはもともと3兄妹とされていました。弟・アバーフォースと妹・アリアナです。

しかし、クリーデンスとアバーフォースは別人であり、アルバス・ダンブルドアは実際は4人兄弟であることが判明しました。

とはいえ、アルバスがクリーデンスを知らないようなので、腹違いの弟の可能性もあります。

今後の展開が楽しみですね。

まとめ

「ファンタビ2」のクリーデンスの正体やプロフィールや能力についても紹介しました。

 「ファンタビ2黒い魔法使いの誕生」はハリーポッターのスピンオフ作品でありながら、独特の世界観を築き上げている優秀な作品です。

ハリーポッターシリーズの迫力のある魔法による戦闘シーンもさることながら、魔法動物たちの可愛らしさや恐ろしさのリアリティも注目です。

また、ジョニー・デップに加えて、ジュード・ロウといった豪華スターの活躍もファン人はたまらない作品となっています。

2022年4月8日に公開される第3作目「ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密」にあわせて、シリーズ作品をもう一度見ておきたいですね。

まだ見ていない方、ファンタスティックビーストファンやハリーポッターファンは、是非見てみてください。

ここまで読んでいただきましてありがとうございました。

コメント

コメントする