【東京リベンジャーズ】実写版映画の撮影場所まとめ!ロケ地はどこ?神社や学校、タイマン場所などを紹介

映画「東京リベンジャーズ」は和久井健さんの漫画「東京卍リベンジャーズ」が原作です。

映画は2021年7月9日に公開され、英勉(はなぶさ つとむ)監督が手がけました。

新型コロナウィルスの影響で撮影の中断などがありましたが、初登場1位で公開3日で興行収入7億円に迫るヒットとなりました。

今回はそんな「東京リベンジャーズ」の実写映画の撮影場所まとめをご紹介します。

以下画像の様に、U-NEXTの31日間無料お試しで貰える600ポイントで399円の「東京リベンジャーズ(実写)」を今すぐ無料視聴することができます。

東京リベンジャーズunext修正

まだ作品を見たことがないという方、もう一度見たいという方はぜひチェックしてみてください。

本日から11月3日まで無料!
登録して31日以内に解約すれば料金は発生しません。

目次(各項目をタップすると、その項目に飛びます。)

「東京リベンジャーズ」撮影場所

1.夏祭りのあった武蔵神社(三ノ宮比々多神社)

武道がキヨマサらにリンチを受け、ガムテープでぐるぐる巻きにされ、日向に助けられた場所。

そして、2人のキスシーンがあった場所は、神社がロケに使われていました。

場所:三ノ宮比々多神社
住所:〒259-1103 神奈川県伊勢原市三ノ宮1472番地

2.学校シーン(千葉県立八千代西高等学校)

マイキーらが乗り込んで来たりヒナタがマイキーに連れ去られそうになった学校でのシーン。

千葉県立八千代西高等学校がロケ地に使われたようです。

ヒナタが映る背景もそっくりですね。

場所:千葉県立八千代西高等学校
住所:〒276-0047 千葉県八千代市吉橋2405−1

3.渋谷スクランブル交差点

東京リベンジャーズを象徴するシーンとして109などが登場しています。

人ごみの多いこの場所でのロケは大変そうですよね。

場所:渋谷スクランブル交差点
住所;東京都渋谷区

4.武道らがキヨマサらにぼこぼこにされた場所(台東区立芋坂児童遊園)

公園にはキヨマサら上級生が現れ、武道たちはボコボコにされ、土下座をさせられます。

そして、奴隷生活が始まります。

映画ではとても公園のようには見えない廃材置き場になっていますね。

場所:台東区立芋坂児童遊園
住所:〒110-0001 東京都台東区谷中7丁目12−6

5.ヒナタが死ぬ原因となったトラック事故のあった場所(土浦セントラルシネマズ)

場所:土浦セントラルシネマズ
住所:〒300-0033 茨城県土浦市川口1丁目11−5

6.武道とキヨマサが戦う地下道(多摩水道橋交差点下地下道)

ドラケンの命を救うために武道はキヨマサとタイマン勝負に挑み、みごと勝利します。

最後のクライマックスシーンですね。

場所:多摩水道交差点下地水道
住所:〒214-0014 神奈川県川崎市多摩区登戸

7.皇大神社(烏森神社)

東京卍会の集会が行われた場所。マイキーが階段上で隊員を鼓舞します。

場所:皇大神社(通称:烏森神社)
住所:〒251-0021 神奈川県藤沢市鵠沼神明2丁目11−5

ロケ地をみてもう一度見たくなった方はぜひこちらをチェックしてみてくださいね。

まとめ

今回は、「東京リベンジャーズ」の撮影場所・ロケ地のまとめを紹介しました。

神社や学校、タイマン場所を主に紹介しました。

実際にその場所を訪れると、キャラクターたちを身近に感じることができたり、映画をもう一度見返すときの楽しみにもなりますよね。

ぜひ映画のシーンと見比べつつ、聖地巡礼してみましょう。

ここまで読んでいただきましてありがとうございました。

コメント

コメントする