映画「東京リベンジャーズ」相関図・キャスト一覧まとめ!原作漫画との違いについて詳しく解説!エマは登場する?

映画「東京リベンジャーズ」は和久井健さんの漫画「東京卍リベンジャーズ」が原作です。

2021年には「東京リベンジャーズ」というタイトルでテレビアニメで放映されるとともに、実写映画化・舞台化もされました。

映画「東京リベンジャーズ」は、2021年7月9日に公開され、英勉(はなぶさつとむ)監督が手がけました。

新型コロナウィルスの影響で撮影の中断などがありましたが、初登場1位で公開3日で興行収入7億円に迫るヒットとなりました。

今回はそんな「東京リベンジャーズ」の相関図・キャスト一覧のまとめをご紹介します。

また、原作で登場する佐野エマが映画で登場するかについても言及します。

以下画像の様に、U-NEXTの31日間無料お試しで貰える600ポイントで399円の「東京リベンジャーズ(実写)」を今すぐ無料視聴することができます。

東京リベンジャーズunext修正

まだ作品を見たことがないという方、もう一度見たいという方はぜひチェックしてみてください。

本日から11月3日まで無料!
登録して31日以内に解約すれば料金は発生しません。

「東京リベンジャーズ」相関図・キャスト一覧

1.花垣武道(タケミチ)/北村匠海

タケミチを演じるのは、イケメン俳優でダンスロックグループ「DISH//(ディッシュ)」のリーダーも務める北村匠海。

多彩な才能があり、映画にドラマに音楽番組に、と引っ張りだこですよね。

演技力についても定評があり、タケミチの負け犬感とヒナタへの熱い思い、そこからの変化をうまく演じています。

2.佐野万次郎(マイキー) /吉沢亮

映画キングダムでは始皇帝を演じている吉沢亮ですが、マイキーのかっこよさがハマっていますね。

始皇帝も他国を蹴散らし、残虐の限りを尽くした皇帝です。その若き日を見事に演じていました。

マイキーも表面的なクールさの中に狂暴さを持つ人物であり、この二面性をやはり見事に演じています。

3.龍宮寺堅(ドラケン)/山田裕貴

山田裕貴がドラケンを演じます。さわやかなイケメン俳優の山田裕貴が狂暴で思いやりにあふれたドラケンを見事に演じています

みつあみとそりこみのタトゥーはかっこよすぎですね。そして、強い、優しいとなるとファンがますます増えますよね。

「ドラケンはマイキーの心」というタケミチのセリフがすべてを語っていますね。

4.千堂敦(あっくん)/磯村勇斗

タケミチら溝中5人衆のリーダー的存在・あっくんを磯村勇斗が演じています。

オシャレ志向で美容師を目指すあっくん、そして未来が変わって東京卍会の幹部になった凶悪になりきれなかったあっくん、そんな両極端なあっくんを見事に演じています。

赤髪ですかしたあっくんのほうがやはり似合っていますね。

5.橘直人(ナオト)/杉野遥亮

ベビーフェイスな杉野遥亮は、おっとりしたヒナタの弟・直人、そして刑事になった大人な男・直人を演じます。

ヒナタの死を境に変化した直人の心情や顔つきをうまく演じきっていますね。

6.橘日向(ヒナタ)/今田美桜

「君はいつも急に来るね」のセリフがいいですよね。

ヤンキー漫画にはヒロインはつきものですよね。マイキーに臆さず立ち向かっていき、びんたをするシーンは息を飲みます。

日向の名前どおり、太陽のような明るく強い女性を演じきっています。

「東京リベンジャーズ」佐野エマは登場する?

佐野エマは、原作に登場するマイキーの異母兄妹です。

そして、ドラケンの彼女ということもあって、非常に人気の高い登場人物です。

しかし、残念ながら今回の映画では登場していません。

次回作を含めて今後の佐野エマの登場が楽しみですね。

続編予想についてはこちらの記事もぜひチェックしてみてくださいね。

まとめ

今回は、「東京リベンジャーズ」の相関図・キャスト一覧を紹介しました。

また、佐野エマが映画に登場するかどうかについても紹介しました。

早々たる顔ぶれで原作ファンも映画ファンも楽しめること間違いなしの作品です。

原作でも人気が高い佐野エマが登場しないのは残念ですが、続編などに期待がかかりますよね。

 

東京リベンジャーズはヤンキーとヤクザの映画なのですが、ヤンキー映画とは相容れないタイムリープというSF的な要素を盛り込んでいます。

このため単純な不良の争いということだけでなく、SFやサスペンスといった知的な要素がふんだんにあります。

そして、恋愛要素も織り交ぜられており目が離せません。暴力シーンの多い作品なので視聴者を選びますが、完成度の高いエンターテイメント作品となっています。

ぜひ一度この機会に見てみてください。ここまで読んでいただきましてありがとうございました。

コメント

コメントする