MENU

ナウシカとアスベルのその後は結婚しないで失恋?それぞれセルムとケチャと結ばれる?

2020 9/25

映画版の「風の谷のナウシカ」では、のちの「もののけ姫」や「天空の城ラピュタ」ほどの男女の愛や恋や、恋の予感のようなものを感じられるシーンが少ないです。

愛とか恋とか言っていられないほどのすごすぎる世界ですから。相手は人間ではなく、得体のしれない存在や蟲や腐海ですから、、、

とはいえ、ペジテ市の少年兵アスベルとナウシカはいい関係になりそうな2人です。

今回は、ナウシカとアスベルの男女関係について調査しました。

ナウシカとアスベルは結婚するの?

2人の出会いはトルメキアの飛行機にナウシカが乗っている時にペジテ市の戦闘機でアスベルが襲撃してきた時です。

2人は、戦闘後、腐海の森に落ちていき、蟲たちに食べられそうになりながらもなんとか危機を脱します。

そして、2人で腐海の底で一夜を明かします。

何かあってもよさそうなのですが、航空戦から腐海へ墜落、大王ヤンマに食べられそうになる、からの腐海の底へ到着という一日ですから、そんな気分になる余裕はなかったのでしょう。

危機は恋を芽生えさせるものです。

このシーンで、2人はそうなっていくのかな、なってもおかしくないと思います。

 

そもそも、アスベルはトルメキアと敵対する土鬼(ドルク)側の人間であることから、思想的にもナウシカとは相いれない側にもあったでしょう。

ナウシカは、中立とはいえ、少なくとも蟲を悪用する土鬼側ではないでしょう。

映画の中でも、アスベルは、ナウシカの考えに共感していくものの、ナウシカほどの達観した思想は持ち合わせていないので釣り合わないかもしれません。

原作でも最終的には、いい感じにはなりません。

ナウシカが結ばれるのはセルム?

映画版では、強いて言えばアスベルといい関係になりそうなナウシカですが、原作では、森の人と呼ばれるセルムが結ばれそうな相手です。

森の人は、火を嫌い蟲を友とし蟲の体の一部を利用して生活をしています。

ナウシカにはぴったりな人々ですね。

 

セルムは、ナウシカが腐海の謎を解く上で一緒に行動し、水先案内人となっていきます。

セルムは、エヴァンゲリオンでいえばカヲルのようなミステリアスでイケメンな存在です。

主人公を謎の核心に導くあたりも似ています。

最後に、セルムは、ナウシカに一緒に生きていきましょう。と言っています

ナウシカと結婚したらよい家庭を築きそうです。

アスベルはケチャと結ばれる?

映画版でも原作でも、ナウシカとカップルになりそうなアスベルですが、実は、映画版には出てこない原作のストーリーでは、土鬼(ドルク)の一部であった国のケチャという少女と行動をともにすることになります。

ケチャの国は、陰謀に巻き込まれて、一族が壊滅してしまします。

そんないきさつもあって、ケチャはアスベルやユパ様と一緒に行動していくのです。

その後、アスベルとケチャがはぐれたりもするのですが、すべてが終わった時に再会して、抱き合います

おそらく、相思相愛の関係性になっていたのではないかと思われます。

ナウシカは、そんな2人を見つめるシーンもあるのですが、ひょっとしたら、ナウシカはアスベルに少しくらい気が合ったかもしれませんね。

まとめ

映画「風の谷のナウシカ」だけを見ると、ナウシカとアスベルは危機を乗り切り結ばれる2人かもしれない、と思います。

しかし、原作を見るとその後ナウシカは森の人セルムと行動し、アスベルは土鬼(ドルク)のケチャと行動をともにします。

ナウシカとアスベルは危機を共有し恋心が芽生えていてもおかしくないのですが、その後の2人はあらたな相手と行動をともにし、危機をそれぞれのパートナーと切り抜け、恋心が育まれます。

その結果、ナウシカは森の人セルムと、アスベルは土鬼(ドルク)のケチャと結ばれていそうです。

コメント

コメントする