【マトリックス】リローデッドの感想はつまらない?アクションや戦闘がすごいという評価も!名シーンをまとめて紹介!

映画「マトリックス」は米国のウォシャウスキー兄弟が監督・脚本を務め、1999年に第1作目が製作されたSFアクション映画です。

2003年には、第2作目の「マトリックス・リローデッド」、第3作目の「マトリックス・レボリューションズ」が公開されました。

第4作目「マトリックス・レザレクションズ」は今年の12月17日に公開され、反響を呼んでいます。

 

今回は、そんなマトリックスシリーズの第2作目「マトリックス・リローデッド」の感想や名シーンなど作品の魅力に迫っていきます。

以下、ネタバレを含みますので、先に「マトリックス リローデッド」を視聴したい方はU-NEXTがおすすめです。

以下画像の様に、U-NEXTの31日間無料お試しで見放題作品として「マトリックス リローデッド」を無料視聴することが出来ます。

無題7

本日から6月19日まで無料!
登録して31日以内に解約すれば料金は発生しません。

マトリック・リローデッドがつまらないという感想ついて

1作目のマトリックスは登場人物も限られており、ストーリーがシンプルで分かりやすく斬新な映像でおもしろいという人が多いです。

2作目のリローデッドに入り、登場人物が増えてくることや仮想現実世界における専門用語がところどころに登場したり、ストーリーを理解するのに疲れたりもします。

そして、ザイオンでの序盤でのやりとりがだるいという人もいるようですね。

シリーズものが第2作目であまりヒットしないのは、1作目が面白すぎるからというのもあるでしょう。

1作目のわかりやすいストーリーを2作目で捕捉しすぎて複雑かつ退屈にしてしまっているのでしょうか。

その分、1作目を踏襲する目を奪うアクションシーンは評価する人が多いようですね。

一方、リローデットのアクションシーンは、PV集のようで、詰め込みすぎという人がいるのも事実です。

マトリックス・リローデッドのアクションや戦闘がすごい

1作目のアクションシーンは、誰もがはじめて見るようなシーンに感動したことでしょう。

リローデッドも1作目に負けない、というよりもパワーアップしたアクションシーンが見せ場になっています。

CGによるアクションシーンだけでなく、スタントを使ったシーンなども迫力がありますね。

リローデットのアクションシーンは、当時の最先端のVFX、CGを駆使して作成されており、誰もが大興奮で見ました。

20年たち、リローデットのアクションシーンも古さを感じさせますが、今回公開されるレザレクションズでは、さらに進化したアクションシーンに期待できますね。

マトリックス・リローデッドの名シーンについて

1つはメロヴィンジアンの豪邸の中で、ボディガードらを相手にネオが戦闘するアクションシーンです。

ネオの覚醒が最高潮に達した戦闘シーンですね。スローモーションを効果的に使っていますね。

ハイウェイでの追走シーンやバトルシーンは、現実世界と仮想現実の世界の境界がわからなくなる錯覚を起こすような最高潮のシーンです。

トリニティのバイク失踪シーンは、スピード感もあってカッコイイシーンでもあります。

モーフィアスの演説のシーンは、聴衆の熱狂と相まって名シーンのひとつですね。

まとめ

マトリックス・リローデッドのつまらないという感想について紹介しました。

秀逸なアクションシーンと比較すると、ストーリーがだらだらしているといった感想がいくつかありました。

また、リローデッドのアクションシーンや戦闘シーンはすごいという感想についても紹介しました。

こちらは現在のVFX技術などからすると古さも感じさせますが、当時の最先端をいくアクションシーンには感動している視聴者は多くいるようでした。

 

マトリックス第4作目にあたるマトリックス・レザレクションズはすでに公開され、動画配信サービスでも配信が開始されています。マトリックス3作品と一緒にぜひ楽しんでみましょう。

■1作目「マトリックス」を無料視聴
■2作目「マトリックス リローデッド」を無料視聴
■3作目「マトリックス レボリューションズ」を無料視聴
■4作目「マトリックス レザレクションズ」をお得に視聴

まだ見ていない人は、是非視聴してみましょう。最後まで読んでくださいましてありがとうございました。

コメント

コメントする