リローデッドのあらすじネタバレ!ラストはどうなる?生き残りは誰かも詳しく解説!【マトリックス】

「マトリックス」は米国のウォシャウスキー兄弟が監督・脚本をつとめ、1999年に第1作目が製作されたSFアクション映画です。

主人公のネオ(トーマス)はキアヌ・リーヴス、モーフィアスはローレンス・フィッシュバーン、トリニティはキャリー=アン・モスが演じています。

また、エージェント・スミスはヒューゴ・ウィーヴィングが演じています。

 

2003年には第2作目の「マトリックス・リローデッド」、第3作目の「マトリックス・レボリューションズ」が公開されました。

2021年12月17日(金)には第4作目「マトリックス・レザレクションズ」が公開となっています。

 

今回は、マトリックス・リローデッドのあらすじ、ネタバレ、ラストについて紹介します。

また、生き残りは誰かなどラストシーンについても詳しく考察します。

以下、ネタバレを含みますので、先に「マトリックス リローデッド」を視聴したい方はU-NEXTがおすすめです。

以下画像の様に、U-NEXTの31日間無料お試しで見放題作品として「マトリックス リローデッド」を無料視聴することが出来ます。

無題7

本日から6月19日まで無料!
登録して31日以内に解約すれば料金は発生しません。

マトリックス・リローデッドのあらすじネタバレ、ラストシーンについて

預言者オラクルを訪れたネオらはエージェント・スミスらの待ち伏せにあい、モーフィアスも拉致されます。

このため、ネオらは危機に陥りますが、ネオの覚醒により危機を脱します。

ネオは人類に仮想現実世界に住んでいることを知らせ、現実世界を見せることをAIに宣言し、マトリックス第1作目はラストとなります。

マトリックス1作品目をまだ見ていない方はこちら

 

その続編のマトリックス・リローデッドは、覚醒後のネオが恋人トリニティについての悪い夢を見る場面からはじまります。このため、ネオはネブカネザル号でザイオンへと戻ります。

ザイオンではロック司令官のもとAI打倒の評議会が開催されています。そして、AIとの最終戦争の計画が練られています。

仮想現実マトリックスではオラクルからの連絡員であるベインがエージェント・スミスの攻撃により、スミスの姿に変えられてしまいます

ネオらはザイオンを出発し、オラクルと再会します。オラクルは仮想現実ではプログラムの不可欠な要素であり、AIと人間の共存の未来のためにネオらに協力していることがわかります。

ネオは仮想現実を破壊するためにはキーメーカーという重要なプログラムが存在しており、そこにたどり着かねばならないことを教えられます。

オラクルはネオに対して、トリニティかザイオンのどちらかを選択しなけらばならない場面が訪れることを予言します。

 

オラクルが去るとエージェント・スミスが登場し、ネオらは再び危機に瀕します。そこにザイオンのメンバーが現れ、危機を脱します。

ザイオンでは、キーメイカーを隠し持っているメロビジアンと取引することにします。

メロビジアンの妻の計らいによりザイオンは、キーメーカーを入手します。ネオらはキーメーカーを利用し、仮想現実破壊のカギとなるソースへと侵入します。

ただし、ネオはトリニティに対する悪いオラクルの予言があることから、ソースへの侵入をトリニティにさせないよう指示します。

ネオは、仲間を失いながらもソースに到達し、マトリックス設計者であるアーキテクトと出会います。そこで、仮想現実の真実を知ります。

 

その後オラクルの予言通りトリニティはエージェント・スミスの銃弾に倒れますが、ネオの力でよみがえらせます。

ネブカデネザル号は、AIロボットの攻撃により撃沈されます。ネオは脱出しロボットに手のひらをかざして念を送ると、ロボットは自滅し、ネオは気を失います。

ネブカデネザル号はハンマー号に回収され、作戦失敗の原因について判明します。

それによると、作戦直前にある船がEMPを起動させたため、失敗となっていました。その船の生き残りを回収します。

また、エージェント・スミスの攻撃を受けていたベインが医務室へと搬送されるところでラストになります。

マトリックスの生き残りは誰か?

ラストで、ネオらの乗船するネブカデネザル号は撃沈され、ネオは脱出してローランドの船ハンマー号に救われます。

ロックが指揮をとった奇襲作戦は、失敗に終わったのでした。この際の大きな要因は、作戦において使用を禁じていたEMP(電磁パルス)を誰かが使用したことでした。

この際生き残ったのはベインということがわかります。ベインはエージェント・スミスに乗っ取られているので非常に怪しいです。

ここで、この作戦における生き残った人類をまとめると次のとおりとなります。

ネオ、トリニティ、モーフィアス、リンク、ザイオンに住む人々(ロックらも含む。)、ハンマー号のクルー、そしてベインです。

この後マトリックス・レボリューションズへと続くのですが、ネオは眠った状態からはじまります。

まとめ

今回はマトリックス・リローデッドのあらすじ、ネタバレラストを紹介しました。第1作目に比べ、登場人物や組織が多く登場するので非常に複雑なストーリーとなっています。

また、人類とAIの戦争が本格的に開始されるので戦闘シーンも激しくなり、多くの人類が命を落とすことになります。

 

マトリックス・リローデッドでの生き残りはネオ、トリニティ、モーフィアスのほか、ザイオンや生き残った船の乗員です。

また、エージェント・スミスに乗っ取られたベインも生き残っていました。

その後、第3作目のマトリックス・レボリューションズへと続いていきます。

 

マトリックス第4作目であるマトリックス・レザレクションズは12月17日に公開され、早くも動画視聴サービスにて配信が開始されています。マトリックス3作品をもう一度見直してから見るのがおすすめです。

まだ見ていない人は、是非視聴してみましょう。最後まで読んでくださいましてありがとうございました。

コメント

コメントする