マトリックスの感想は意味不明でつまらない?1作目が一番面白いという評価や人気のアクションシーンを紹介!

「マトリックス」は米国のウォシャウスキー兄弟が監督・脚本を務め、1999年に第1作目が製作されたSFアクション映画です。

公開後世界中で上映され5億ドル近い興行収入を記録するとともに、アカデミー賞では視覚効果賞、編集賞、音響賞、音響編集賞の4部門を受賞しました。

米国では史上最高のSF映画のひとつとして挙げられる作品となっています。

 

トーマスはプログラマーであるとともに天才ハッカー・ネオという顔も持っており、ある日トリニティらにトーマスの生きる世界は仮想現実であることを知らされます。

トーマスを含め人類は、コンピュータによって仮想現実でコンピュータの動力源とされていたのです。そこで、トリニティらと協力して人類をコンピュータから解放する戦いを行っていくというのがおおまかなストーリーです。

これまでシリーズ3作品が上映され、2021年12月17日(金)には第4作目「マトリックス・レザレクションズ」が公開となっています。

→最新作をお得に視聴したい方はこちら

 

今回は、マトリックスの1作目の感想や評価について紹介します。

また、マトリックスの人気のアクションシーンについても紹介します。

以下画像の様に、U-NEXTの31日間無料お試しで見放題作品として「マトリックス」を無料視聴することが出来ます。

無題6

本日から6月19日まで無料!
登録して31日以内に解約すれば料金は発生しません。

マトリックスは意味不明でつまらないという感想について

最近の映画はストーリーが二重構造、三重構造になっている作品が多いですね。

小説などを読む場合は世界観や背景、登場人物の説明を理解しながら読み進められるのですが、映画は短い時間に重要な要素を詰め込みがちです。

そのため、場面や時間、ましてや現実と仮想現実の世界が入れ替わり立ち代わりに変化すると、何が何やら途中でついていけなくなる人もいそうですね。

さらに映画監督は斬新な手法を取り入れたりしてきますから、1回見ただけでは内容や伏線、展開などがわからないことは多々あります。

一方で、マトリックス1作目は非常に斬新かつ、ストーリーもわかりやすくて楽しいという人も多くいます。

しかし、マトリックス・リローデッド、マトリックス・レボリューションズとなるに従って登場人物も増えてきますし、現実と仮想現実の境界がよくわからなくなってきて混乱してしまい、意味不明となる人もいます。

最近の映画は作り手の世界観メインで作っているものが多い気がします。あとは、視聴者の理解にまかせます、といったように。

それは、理解してもらえるまでリピートしてもらうといった狙いや、難解な映画にして話題性を狙う、といった商業戦略のように見えてしまったりもしますね。

いずれにせよ、何回か見たり年齢を重ねた後に観た方が理解できるということも多いようです。

マトリックスは1作目が1番面白いという感想について

マトリックスの世界は子供が理解するには早すぎたのかもしれませんね。

しかし、AIの知識や社会の知識が身についている一般の大人であれば、マトリックスの1作目のおもしろさは理解できそうです。

そして1作目の斬新な映像や世界観は、現在見ても十分楽しめますよね。

マトリックスはやはり1作目がインパクトもあって、今見ても面白いという人が多いですね。

インセプションなどは現実と夢の世界を行き来しますが、マトリックスは現実と仮想現実の世界を行き来します。

テンポの良い世界の行き来とそれを納得させる映像美は、両作品では強く感じますよね。

そして、1回目より、2回、3回と見ることにより、見落としていたことに気づいて更に作品の奥深さを感じますよね。

マトリックスの人気のアクションシーンについて

2000年前後はCGやワイヤーアクションが全盛の時期ですが、マトリックスのそれらを用いたアクションシーンは特に斬新でしたね。

人間離れした動きなのですが、仮想現実の世界だからこそあのようなシーンになるということを納得させる撮影技術は相当なものです。

ネオが弾丸をよけるシーンはあの当時、誰もが一度は真似をしましたよね。

マトリックスの映像は「革命的」とまで言わしめました。

現在では当たり前のように用いられるワイヤーアクションやバレットタイムといったVFXを融合した様々な工夫が凝らされていたのですね。

そして、アカデミー賞における視覚効果賞、音響賞などの受賞は、当然といえば当然なものです。

この後、グリーンデスティニーなどといったワイヤーアクションを多用した歴史ものの映画もたくさん登場しましたね。

まとめ

マトリックスは意味不明で分かりづらいという方もいる一方で、1作目が一番面白いと感じる方が多いようです。

また、子どものときに見るよりも年齢を重ねたり、何回か見ることでより世界観に入り込むことができ、面白さが分かるといった感想もご紹介しました。

 

マトリックスの4作目レザレクションズが12月17日に公開されますが、映画単体として見に行くよりも、マトリックス3作品を再度見直して見に行った方がよりマトリックスの世界観に没頭できるでしょう。

まだ見ていない人は是非U-NEXTなどで視聴してみましょう。最後まで読んでくださいましてありがとうございました。

コメント

コメントする