MENU

カリオストロの城のあらすじネタバレからエンディングまで!ラストシーンのセリフやその後続編についても

2020 12/01
カリオストロの城のあらすじネタバレからエンディングまで!ラストシーンのセリフやその後続編についても

「ルパン三世 カリオストロの城」は、1979年12月に公開された宮崎駿のはじめての監督映画作品です。

原作はモンキー・パンチのアニメ「ルパン三世」で、興行収入は約6億。

今回は、カリオストロの城についてのあらすじネタバレとラスト結末を紹介します。

また、ラストシーンのセリフやその後の続編についても紹介していきます。

↓カリオストロの城の公式予告↓

「カリオストロの城」のあらすじネタバレとラスト結末

①ルパンとクラリス再会

ルパン三世は、次元大介とモナコ公国のカジノに泥棒に入ります。

そして、地下の金庫からカジノの売上金を盗み出します。

大金に囲まれた車を走らせる2人ですが、ルパン三世は突然「これは、偽札だ」と言います。

そして、その偽札がゴート札と言われる巧妙に作られた偽札であることを発見します。

 

世界ではゴート札が出回っており、大きな問題となっていました。

ルパン三世は、ゴート札の原版のありかを探すため、疑わしい場所であるカリオストロ公国へと向かいます。

カリオストロ公国は、世界一小さな国でした。

ルパン三世らは、入国すると突然、ウェディングドレス姿で男たちに追われている少女を目撃します。

その少女はクラリスといい、カリオストロ公国の末裔であり正当な皇女でした。

②捕らわれの身クラリス

カリオストロの城に住むカリオストロ伯爵は、公国の正当な末裔であるクラリスと結婚することにより、公国の権力と財産を手に入れようと画策していたのです。

このため、クラリスは伯爵の手先から逃げていたのです。

クラリスは、一度はルパン三世に助けられるのですが、再び追っ手に捕まってしまい塔に監禁されてしまいます。

 

ルパンは、再びクラリスの救出を画策します。

ルパンがここまでクラリスに執着する理由は、ルパンがまだルーキーの泥棒だった頃にありました。

その頃、カリオストロの城のゴート札に挑戦したルパンでしたが失敗し、命からがら逃げだしたことがあったのです。

その時、逃亡の手助けをしてくれたのがクラリスでした。

 

ルパンは、峰不二子と石川五右衛門の参戦を促し、次元とあわせて4人でカリオストロの城にリトライすることになります。

また、銭形もルパンがカリオストロの城に再び現れる情報を入手し、カリオストロ公国にやってきます。

③結婚式潜入

不二子は、クラリスの世話係としてカリオストロの城に潜入することに成功します。

不二子は、ルパンらをカリオストロの城に招き入れます。

しかし、不二子がルパンを突然裏切ります。

ルパンは、その結果カリオストロの城の地下室に落とされてしまいます。

 

しかしルパンは、地下室で銭形と遭遇します。

また、地下室で偽札であるゴート札の製造工場を発見します。

ここで、ルパンと銭形は一時休戦し協力することにします。

そして2人は、地下からの脱出にも成功しました。

 

一方カリオストロ伯爵は、クラリスと結婚式をあげることにします。

ルパンは結婚式当日、大司教に変装してカリオストロの城に潜入します。

クラリスは、カリオストロ伯爵に薬を飲まされて朦朧としています。

伯爵の前でルパンは、正体を明かします。

すかさず、ルパンが現れたことを察知した体で銭形が現れます。

しかし銭形は、ルパンを捕らえるふりをして地下に行き、偽札工場をあばきます。

④カリオストロ公国の秘密

カリオストロ伯爵は、カリオストロ公国の財宝を手に入れようと、クラリスから指輪を奪って時計台に向かいます。

伯爵は、クラリスと自分の指輪2つを時計台の山羊の眼にはめこみます。

すると、時計台の針が動き出し、伯爵は針にはさまれて死んでしまいます。

 

その後、カリオストロ公国のダム湖の水が時計台の仕掛けにより放水され、ダム湖の底から古代ローマの遺跡が出現します。

それを見たルパンは、「カリオストロ公国の財宝は、自分には、大きすぎて盗むことはできない。」と言い、あきらめます。

ルパンは、カリオストロ公国から去ることを決めます。

その時クラリスは、自分も泥棒になるから連れて行ってほしいとルパンに伝えますが、ルパンはそれを断ります。

⑤カリオストロの城 ラストシーンの名セリフ

逃げ去るルパンを見ながら銭形は、「くそぉ、一足遅かったか、ルパンめ、まんまと盗みよって!」

それを聞いたクラリスは「いいえ、あの方は何も盗らなかったわ。私のために戦ってくださった。」

銭形「いや、やつはどんでもないものを盗んでいきました。・・・あなたの心です。」

クラリスに伝え、銭形は、再び、ルパンを追っていきます。

銭形「ルパン~!今度こそ逃がさんぞ~!」

カリオストロの城のその後の続編は?

これだけ長い間愛され続けてきた映画ですから、続編の話があってもよさそうです。

しかし、カリオストロの城の続編は見当たりません

宮崎駿監督は、「続編を作ることはない。前作を超えることができないのならば、続編を作る意味はない。」と話されています。

これは、カリオストロの城がいかに完成された作品であったか、ということを物語っています。

 

一方で映画ではありませんが、プレイステーションのゲームソフトで「ルパン三世 カリオストロの城-再会-」という作品があります。

こちらは、プレイヤーは観光客としてゲームに登場し、クラリスやルパン、ルパンの仲間たちと再会したり、プレイヤーがルパンの仲間になって、あらたな陰謀からクラリスを守るといったゲーム内容になっています。

また、続編ではありませんが、他にカリオストロの城を扱ったゲームとして1985年発売のパソコン用アドベンチャーゲームがあります。

こちらは、カリオストロの城に捕らわれたクラリスを救うため城内の迷路で衛士や召使い、カゲなどと戦うものです。

また書籍で、「あれから4年・・・クラリス回想」というものもあり、アニメージュ文庫から出版されています。

こちらは、クラリスのその後が書かれていると思ってしまいますが、内容的には、映画の内容を回想しているという内容となっています。

なので残念ながら、映画後の展開については触れられていません。

まとめ

カリオストロの城は、40年前の映画ですが、モンキー・パンチ氏原作のキャラクターの個性を壊さないまま、ところどころでデフォルメ化をしたり、コメディシーンやシリアスシーンを織り交ぜ、キャラクターを生き生きと宮崎駿監督が動かしています。

もともとあるルパン三世の人気ももちろんあるのですが、映画構成上のテンポのよさが視聴者を飽きさせない要因の一つでもあるでしょう。

ここまで人気の作品なので続編を望む声はたくさんあるのですが、完成度の高さから宮崎駿監督は、続編を作らないと決めました。

TSUTAYA TVの30日間無料お試しならカリオストロの城を無料視聴可能!

登録も解約も1分で可能

コメント

コメントする