ザ・ファブル2殺さない殺し屋は前作よりひどい?感想・評価まとめ!続編からの追加キャスト・平手友梨奈と安藤政信がすごいという声も!

映画「ザ・ファブル」は、南勝久による漫画、が原作となっています。原作漫画は2014年から2019年までに第1部が週刊ヤングマガジンで連載されました。2021年からは第2部の連載が始まっています。

1作目となる映画「ザ・ファブル」は2019年6月に公開、そして2021年6月に映画「ザ・ファブル2 殺さない殺し屋」が公開されています。

監督は前作に続き江口カンさん、主演は岡田准一さんです。

他にも木村文乃さん、山本美月さん、平手友梨奈さん、安藤政信さん、堤真一さん、佐藤二朗さん、光石研さん、佐藤浩市さんなど豪華キャストが出演しています。

今回はそんな「ザ・ファブル2殺さない殺し屋」の評価や感想についてご紹介します。

また、続編からの追加キャストですごいという声があがっている平手友梨奈さんと安藤政信さんの2人についても注目して紹介いたします。

以下画像の様に、U-NEXTの31日間無料お試しで貰える600ポイントで550円の「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」を今すぐ無料視聴することができます。

ザファブル殺さない殺し屋u-next

ネタバレなどを見る前に「ザ・ファブル 殺さない殺し屋」を視聴したい方はお試し登録して視聴してみましょう。

本日から7月21日まで無料!
登録して31日以内に解約すれば料金は発生しません。

「ザ・ファブル2」は面白い?前作よりひどい?評価・感想まとめ

第1作目より第2作目がおもしろいというパターンは意外と少ないのですが、ザ・ファブルは2作目の方がおもしろいという人が多いですね。

原作がしっかり作られているからこそですが、1作目の登場人物がより生き生きと動くアクションシーンは必見ですね。

岡田准一さんはどの映画に出てもかっこいいですよね。

ザ・ファブルは原作自体がかっこいいのもあるのですが、主演がはまっていますね。

そして、2作目は少しエッチなシーンもあってストーリーも濃密ですよね。

大人向けのエンターテイメント作品として高い評価を得ています。

ザ・ファブルの見どころは、やはり体当たりのアクションシーンですよね。

ストーリーは意外と単純で、ひねりがなくダラダラしていると感じる人もいるようです。

殺しをしない殺し屋を主人公にするというストーリーは斬新なのですが、アクションものはストーリーが単純すぎる面もあるようです。

ただし、キャラクターの個性やアクションシーンなど見どころがたっぷりあるので、前作も含めて視聴しておいて損はない作品と言えそうです。

「ザ・ファブル2」平手友梨奈さんの存在感がすごい!

2作目から登場した宇津帆役の堤真一さんは、さすがベテランの演技ですね。不気味さと胸糞悪さをうまく演じています。

そして、堤に利用されつくすヒナコ役の平手友梨奈さんはただのアイドルだと思っていたのですが、陰のある女性を熱演しています。

岡田准一さんのアクションシーンと対照的に内面の強さを前面に押し出す演技をしている平手友梨奈の存在感は、一見の価値があります。

ヒナコと宇津帆のラストシーンでは、見ているほうが圧倒されますね。

「ザ・ファブル2」安藤政信さんがクールでチャーミング

2作目で平手友梨奈と並んで素晴らしい演技をしているのは、安藤政信さんです。

安藤政信さんは宇津帆が雇った殺し屋を演じています。

原作でもいきなりヨウコにやられたりするなど、強そうで雑魚キャラ感もあった殺し屋なのですが、安藤政信さんの演技によって存在感を増しています

原作でも映画でもクールさと可愛らしさを兼ねそろえたキャラクターを演じてくれています。

まとめ

今回は、「ザ・ファブル2殺さない殺し屋」の評価・感想のまとめを紹介するともに、続編からの追加キャストですごいという声があがっている平手友梨奈さんと安藤政信さんの2人についてもピックアップして紹介しました。

アキラのように普段はボーっとしているのに実はすごい人というギャップを感じさせる作品は、見ていて爽快ですね。

なによりもアキラやその他のキャラのアクションシーンは見ごたえがあります。

また、女性の恋心に気づかない鈍感で純朴な男性に魅力を感じる人も多いのではないでしょうか。

ザ・ファブルは漫画もまだ連載中であり、アキラとヨウコ、そしてミサキの今後についても気になるところです。

ザ・ファブルを見たことがない方や漫画しか読んだことのない方、前作は見たけどザ・ファブル2はまだ見ていない方、アクションものや任侠もの、爽快感のある映画が好きな方はぜひ一度見てみてください。

ここまで読んでいただきましてありがとうございました。

コメント

コメントする