【コンフィデンスマンJP】運勢編のあらすじネタバレ!小ネタやパロディなど見どころも徹底解説!

「コンフィデンスマンJP」シリーズは2018年にフジテレビ系「月9」枠でテレビドラマとして放送されました。

その後シリーズ化され、映画・特番・スピンオフなどが製作されています。

映画1作目は「ロマンス編」で2019年5月17日に公開されました。

田中亮が監督、古沢良太が脚本をつとめています。上記3名のほかに小栗旬、竹内結子、三浦春馬、江口洋介、前田敦子、吉本美代子、小手伸也らそうそうたる俳優が出演しています。

映画2作目は「プリンセス編」で2020年7月23日に公開されました。監督・脚本は1作目と同様です。

いつもの3名のほかに、柴田恭兵、北大路欣也、三浦春馬、竹内結子、前田敦子、生瀬勝久、石黒賢、濱田マリ、デヴィ夫人といったこちらもそうそうたる顔ぶれです。

「運勢編」は映画作品ではありません。2019年5月18日にスペシャルドラマとして放映されました。

主要ゲストとして、北村一輝、中山美穂、広末涼子、佐伯新、船越英一郎といった豪華キャストが登場しています。

 

今回は、そんな「コンフィデンスマンJP(運勢編)」のあらすじについて紹介します。

また、「運勢編」の小ネタやパロディなどの見どころについても解説します。

「運勢編」の動画を視聴したいならTSUTAYA DISCAS!

本日から7月14日まで無料!
登録して30日に解約すれば料金は発生しません。

「運勢編」のあらすじ・ラスト結末をネタバレ!

まずはあらすじを簡単にご紹介します。

ネジ屋の主人は裏社会の阿久津に5,000万円を奪われます。

ダー子はその5,000万円を取り返そうとします。しかし、なぜかリチャードもボクちゃんも今回は手を引くと言います。

ボクちゃんはまっとうに働き口を探し、遺品整理の職を見つけます。リチャードはサーフィンの帰りにラーメン屋で波子に出会います。

そのため、ダー子は1人で奮闘します。阿久津のポーカー仲間に五十嵐を忍び込ませます。

 

一方、お客さん第一で心優しい、そして面倒見もよい女社長として通っていた渡辺若葉は実は、本来値打ちのあるものを安く買い取り、高値で売るという欲深い女社長でした。

しかも、不法投棄までするという悪徳業者の一面もあります。

この秘密を知ったボクちゃんはちょび髭の協力を得て、渡辺若葉を騙す作戦を立てます。

それは大財閥の執事の子孫であると偽り、遺品整理を頼むことでした。

遺品の机の中から若葉は、大富豪の遺産の在りかが示された書物を発見します。

掘り出すと、高価な茶器・首飾りが発見されます。

しかしこれらは、ボクちゃんが仕込んだものでした。

ちょび髭は机を売らないと言いますが、若葉は屋敷に忍び込んで書物を盗み出します。

ボクちゃんは若葉を騙すことに失敗し、しぶしぶ茶器と首飾りを撤収することに。

しかし、ボクちゃんはそれらを撤収しようとしている時に若葉に見つかり、殴られ顔に大けがを負います。

 

これまた一方、ラーメン屋の波子には5,000万円の借金があります。そのため、地元実力者から波子はゆすられています。

リチャードはそれを知り、波子を救おうとします。ラーメン屋でリチャードは働き始め、波子に近づきます。

リチャードは波子に近づき、5,000万円をわたします。しかし、これは、波子のハニートラップだったのです。

 

一方、ダー子は阿久津の別荘に乗り込んでポーカー勝負を挑みます。

しかし、仲間である五十嵐のいかさまが露見し、縛られます。

阿久津との一騎打ちになり、ダー子はいかさまを使いますが負けてしまいます。

さらに警察のがさ入れが入って、ダー子・五十嵐ともに捕まります。

喫茶店にいるボクちゃんとリチャードは、ダー子が捕まったことを知ります。

そこに、釈放されたダー子が登場します。

ボクちゃんもリチャードもダー子も落ちるところまで落ちた、ということをダー子が涙ながらに話します。

しかし、ダー子らが自分たちの部屋に行って確認すると6億円の金が入っています。

 

といった一見バラバラのストーリーに思えますが、実は複雑に絡み合い、つながっていたのです。

以下、ネタバレです。

若葉は、阿久津の昔の女でした。

モナコの調査では、ネジ屋の主人が昔貢いで騙されたのは波子でした。

ダー子らが若葉に盗ませた書物には、金塊30億円の在りかが記されています。

その金塊の場所は、波子のラーメン屋のそばでした。

波子が店を出た後、若葉は「ラーメン屋と土地を売ってくれ」と頼みます。

土地の所有者は、モナコ扮する若い女の子です。モナコは「祖父の土地だから売らない」と言います。

6億円ならば売ってくれると若葉は、阿久津に話を持ち掛けます。

茶器と首飾りを見せられて信用してしまった阿久津は、若葉に5億円融資します。

若葉は自分の1億円と5億円、あわせて6億円をモナコに渡します。

そして、6億円をダー子らが受け取るということになります。

「運命編」の小ネタやパロディなどの見どころについて

「運勢編」では、ところどころ小ネタやパロディがあるので紹介します。

涼宮ハルヒのグッズがたくさん登場

ハルヒファンにはたまりませんね。

こういうドラマとのコラボで小ネタを仕込むところもコンフィデンスマンJPの楽しみの1つですね。

ラ・ラ・ランドネタ

五十嵐のラ・ラ・ランドばりのダンスパートも見どころの一つですね。

実はこのダンスはプリンセス編でもダー子が踊っているのです。

うなぎのカ~レェ~煮~俵屋フーズ

うなぎカレー見つけたらテンション上がりますね!あと用心棒大集合もあります!

これらは、連ドラで登場していた小ネタですね。

これで時系列も整理できますよね。

まとめ

「運勢編」のあらすじついて紹介しました。

また、「運勢編」で出てくる小ネタやパロディについても紹介しました。ところどころに遊び心があるので、見ている方も作品をより楽しむことができますよね。

「コンフィデンスマンJP」は、テレビドラマから誕生し、映画やスペシャルドラマでもヒットを続けているシリーズ作品です。

一見、平凡などこにでもいそうなダー子、ボクちゃん、リチャードの3人の信用詐欺師のストーリーは、勧善懲悪、奇想天外、ハラハラドキドキあり、スカッとする映画です。

2022年1月に「コンフィデンスマンJP」シリーズの最新作「英雄編」が劇場公開されました。「英雄編」を見る前にシリーズ作品ももう一度見ておきたいですね。

まだ、見ていない方、笑いありのサスペンスが好きな方は、是非見てみてください。

ここまで読んでいただきましてありがとうございました。

コメント

コメントする