【コンフィデンスマンJP】プリンセス編のあらすじ・ラスト結末をネタバレ紹介!広瀬すずにそっくりだと噂のコックリ役の女優は誰?

2022年1月に「コンフィデンスマンJP」シリーズの最新作「英雄編」が劇場公開されました。

新作を見る前に、シリーズ作品をおさらいしておくと、「英雄編」をさらに楽しめます。

そこで今回は、「コンフィデンスマンJP(プリンセス編)」のあらすじ・ラスト結末についてネタバレを含めて紹介します。

また、「プリンセス編」の広瀬すずにそっくりだと噂のコックリ役の女優についても紹介します。

以下のようにU-NEXTの31日間無料お試しで貰える600ポイントで440Pの「コンフィデンスマンJP プリンセス編」を今すぐ無料視聴することができます。

2056c3ed0a2044865adcd333f3459393

本日から7月21日まで無料!
登録して31日以内に解約すれば料金は発生しません。

「プリンセス編」のあらすじ・ラスト結末ネタバレについて

ダー子はスタアと薬品販売の仕事を仕掛けますが失敗して、けんか別れします。

そんな時、ダー子はスリに失敗し、叱られている少女・コックリを助けます。

そこで、マレーシアで大富豪フウ家当主レイモンド・フウが亡くなり、遺産相続について話題となっていることを知ります。

フウには3人の子供がいましたが、執事トニーが読み上げた遺言状では、10兆円とされる遺産の相続人はミッシェル・フウという隠し子とされていました。

 

その後ミッシェルを名乗る者があらわれますが、すべてニセモノでした。

ダー子はコックリを偽のミッシェルに仕立て上げ、フウ家に乗り込みます。ボクちゃんやリチャードも同行します。

ダー子はレイモンドの愛人として、2人で映っている写真をねつ造したり、コックリに実子ブリジッドの唾液を使ってDNA鑑定対策をしたりして、コックリをミッシェルと信じ込ませることに成功します。

ダー子の狙いは10兆円の遺産ではなく、手切れ金として50億ほどもらえればよしと考えていました。

 

ところが、フウ家はコックリ、ダー子の偽親子に当主にふさわしい英才教育を受けさせます。

3人の実子、ブリジット・クリストファー・アンドリューからは、よそ者は出て行けといわんばかりの嫌がらせを受けます。

ダー子らは嫌がらせに負けずに頑張りますが、危険が及んできます。

殺されてはたまらないので逃げ出そうとしますが、金印である玉璽の存在を知り、それを奪って逃げる作戦に切り替えます。

金印が披露され、そしてミッシェルが当主としてお披露目されるパーティで金印を狙います。

 

一方、コックリの誰にでも優しい性格は、3人の兄弟らにも優しい気持ちにさせていきます。

そのころ執事トニーのもとに、本物のミッシェルの母親からの連絡があり、ここでダー子らのねつ造写真がばれます。

また、母親はミッシェルはすでに亡くなっていることをトニーに伝えます。

パーティの日がやってきました。フウ家の財産を狙うダー子以外にも、ジェシーや赤星、波子も紛れ込んでいます。

赤星はアンドリューと通じていました。

コックリはお姫様修行を終えており、その成果を発揮するとともに、立派なスピーチを行います。

 

金印を披露するとき、ミッシェルは金印を落とします。その時ダー子がそれを拾い、偽物とすり替えます。それを赤星は見ていて、ダー子が本物の金印を手に入れたと思い込みます。

その時、ダイナマイトを体に張り付けた男が、アンドリューを人質にとって爆破させると言い出します。

その男は経営していたおもちゃ工場をアンドリューに破壊されていたのでした。そして、妻も亡くなり自暴自棄だったのです。

その中でコックリがその男に近づき、男に話しかけます。男はかつてコックリがぶつかってきたときに、コックリにマンゴーをくれた男でした。

男はその時のコックリの優しい対応を思い出します。また、コックリはその時拾った男のプリンセス人形を男に返します。

男は人形を見て妻を思い出し、泣き崩れます。アンドリューは解放されます。

 

その後兄弟4人がトニーに集められ、ミッシエルを後継とするとした手紙が読み上げられます。その手紙はミッシェルの母親からトニーが買い上げた手紙でした。手紙には、トニーが多少の細工を加えていました。

コックリの後継に文句を言う兄弟はいませんでした。

一方、金印を持ったダー子は、赤星と殺し屋に狙われます。殺し屋のナイフはダー子、ボクちゃん、リチャードに刺さり、皆倒れます。

赤星は金印を持って逃げます。しかし、ダー子らは死んではいませんでした。

と、ここまでがおおまかなストーリーになっています。詳しく見たい方はぜひ動画でご覧ください。

そして、以下ネタバレです。

パーティの3カ月前、ダー子とボクちゃんは金印を奪う作戦を立てます。

ダー子はパーティでは赤星がいることから、殺し屋を雇ってくると踏みます。

殺し屋については、ジェシーの協力で部屋に拘束します。代わりに波子とモナコを殺し屋に変装させます。

ダー子らは血糊と防弾ベストを準備して作戦に臨みます。殺し屋は途中からはダー子らの味方にすり替わっていたのです。

また、赤星は金印を日本に持ち帰りますがニセモノでした。ダー子はパーティで金印をすり替えていなかったのです。

コックリはそのまま当主として島に残ります。

ダー子らは結局オケラで帰国することになりますが、我が子(コックリ)が当主になったのだから、10兆円のATMを手に入れたようなものだと喜びます。

「プリンセス編」の広瀬すずにそっくりだと噂のコックリ役の女優は誰?

「プリンセス編」でコックリ役の女優は、広瀬すずにそっくりと噂になっています。

今回、コックリ役に抜擢されたのは女優の関水渚さんです。「英雄編」でも出演していますね。

関水渚さんは1998年生まれの23歳、神奈川県出身でホリプロ所属の期待の若手女優さんです。

特技は野球のスコアブックづけ、書道、ウィンドサーフィンと個性豊かですね。

中学では陸上部のマネージャー、高校では野球部のマネージャーでした。

 

もともと石原さとみさんに憧れて芸能界を目指しており、2015年のホリプロタレントスカウトキャラバンで最終選考まで残り、芸能界入りを決めます。

そして、2017年にアクエリアスのCMでデビューし、同年に大学に進学もしています。

また、同年、週刊少年サンデーの表紙やヤングマガジンの表紙を飾り、2019年には映画「町田くんの世界」でヒロインに抜擢され女優デビューします。

そして、山路ふみ子新人女優賞、毎日映画コンクール・スポニチグランプリ新人賞、ブルーリボン賞新人賞、キネマ旬報ベスト・テン新人女優賞などを受賞します。

また、2019年には「4分間のマリーゴールド」でドラマ初主演、2021年には「八月は夜のバッティングセンターで。」で連ドラに初主演するなど、活躍の場を広げています。

今後の活躍にも注目ですね。

まとめ

コンフィデンスマン「プリンセス編」のあらすじついて紹介しました。

また、広瀬すずにそっくりだと噂のコックリ役の女優についても解説しました。コックリ役に抜擢された関水渚さんの今後の活躍にも期待が高まりますね。

「コンフィデンスマンJP」は、テレビドラマから誕生し、映画やスペシャルドラマでもヒットを続けているシリーズ作品です。

一見、平凡などこにでもいそうなダー子、ボクちゃん、リチャードの3人の信用詐欺師のストーリーは、勧善懲悪、奇想天外、ハラハラドキドキあり、スカッとする映画です。

2022年1月に「コンフィデンスマンJP」シリーズの最新作「英雄編」が劇場公開されました。「英雄編」を見る前にシリーズ作品ももう一度見ておきたいですね。

まだ、見ていない方、笑いありのサスペンスが好きな方は、是非見てみてください。

ここまで読んでいただきましてありがとうございました。

コメント

コメントする