【コンフィデンスマンJP】ロマンス編は面白い?感想とあらすじをまとめて紹介!三浦春馬さんと竹内結子さん出演で泣けるという声も!

「コンフィデンスマンJP」シリーズは2018年にフジテレビ系「月9」枠でテレビドラマとして放送されました。

その後シリーズ化され、映画・特番・スピンオフなどが放送されるなど、今でも人気の作品です。

ドラマは全10話でSPドラマ1話(運勢編)、映画は現在3作(ロマンス編、プリンセス編、英雄編)が製作されています。

主人公はダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)の3人で、コンフィデンスマン(信用詐欺師)のグループを結成し、マフィアや悪徳企業などから様々な手段を使って金品をだまし取るストーリーです。

今回は、そんな「コンフィデンスマンJP(ロマンス編)」の感想やあらすじについて紹介します。

以下画像の様に、U-NEXTの31日間無料お試しで見放題作品として「コンフィデンスマンJP ロマンス編」を無料視聴することが出来ます。

スクリーンショット-2021-11-26-21.33.10

本日から7月15日まで無料!
登録して31日以内に解約すれば料金は発生しません。

「ロマンス編」の面白いという感想について

見ていて冷や冷やしますが、結局いつも裏の裏をかくダー子らでした。

結局、一番騙されているのは視聴者なのかもしれませんね。

新作ではどうだましてくれるのか楽しみですね。

コンフィデンスマンJPの面白さは、どんでん返しの快感にありますね。

どこからが伏線なのか、ネタバレがないとわかりません。

痛快なエンタメ映画ですね。

竹内結子さんと三浦春馬さんの出演には、儚さがありすぎて切なくなりますよね。

それも騙しあいとはいえ、恋人として登場しているとより一層です。

騙しあいの面白さもあるのですが、「ロマンス編」に至っては、深いですよね。

「ロマンス編」あらすじ、ラスト結末

コンフィデンスマン(信用詐欺師)のダー子、ボクちゃん、そしてリチャードの3人組がターゲットとして狙うのは、世界最高と言われるパープルダイヤです。

ダー子はテレビで放送されていた香港の女帝と呼ばれる「ラン・リウ(氷姫)」のニュースを見て、ターゲット(おさかな)とします。

ラン・リウは香港の財閥で、裏社会とも関係が深く取引も強引なため、困っている人々もいました。

 

ダー子がラン・リウの記事が掲載された雑誌を見ているときに、モナコがペディグリーペットを仕掛けてきます。

ダー子はモナコの実力を見抜いて、ダー子の弟子として信用詐欺に参加させます。

ダー子・ボクちゃん・リチャードにモナコを加えて香港のラン・リウの元へ飛びます。

ダー子らは香港でラン・リウの情報収集をしていた五十嵐と合流します。

ランは数十億の資産を持ち、神秘的なダイヤ「パープルダイヤ」を所有していること、そして大切な物事は占いで決めていることを知ります。

 

数日前にランのおかかえの占い師が死んだことから、ダー子は占い師に変装し、ランの元に潜り込みます。

ダー子とモナコで潜り込むと、ランの部下として恋愛詐欺師ジェシーが働いていました。ダー子はジェシーとニューヨークで恋人役として組んだこともあります。

ダー子は占いで、ジェシーは恋愛でランを騙そうとしますが、どちらもうまくいきません。

 

ランはかつてコウカイトウと政略結婚をしていましたが、トラブルが発生して離婚したという経歴を持っていました。

コウカイトウは事業には興味がなかったので、離婚をきっかけにランと財閥を捨てて、田舎暮らしを提案しますが、ランは財閥に残ります。

コウカイトウは離婚後食堂を経営します。

ランはコウカイトウに連れ添わなかったことをいまだに後悔しています。

ダー子らは、ランとコウカイトウを再会させるため、それぞれにバンクーバー行きのチケットと偽のメッセージを送ります。

しかし、出国当日コウカイトウが別の女性と会っているところを目撃したランは失望します。

そこにジェシーが現れてランを抱きしめようとしますが、占い師ダー子が登場してランを撃とうとします。

ランをジェシーがかばい、ジェシーは撃たれます。それを病院でランが一晩看病します。

ランが目を覚ますとジェシーの姿は消えており、パープルダイヤは盗まれています。病院も偽の病院でした。

 

ボクちゃんらはダー子と連絡が取れないので、ダー子とジェシーは2人でメモの書かれた場所にいると予想し、ヘリポートへ向かいます。

ダー子とジェシーはヘリコプターに乗り込もうとします。

ダー子とジェシーはボクちゃんらに、あえてランとコウカイトウがバンクーバーに行けないように仕組んだこと、そして、パープルダイヤを盗んだことを話します。

しかし、ヘリコプターには赤星がいました。

ジェシーは実は赤星の下で働いており、ダー子、ボクちゃん、リチャードを赤星に引き渡すことが目的だったのです。

また、空港にはランも到着し、互いに銃を向けあうことになります。

一瞬の隙をみてジェシーと赤星はヘリコプターで逃走します。

赤星はパープルダイヤを鑑定士に見せますが、見事ニセモノでした。

そして、ランの屋敷もコウカイトウの食堂も作りものでした。

港に着いた赤星とジェシーは、ダー子からの手紙を見つけます。

手紙には今回の出来事はダー子が仕組んだものであったことが書いてあり、赤星はまんまと騙されたのです。

最後まで結末が読めないストーリー展開が見事ですよね。

「ロマンス編」の三浦春馬、竹内結子の出演シーンと偲ぶ声について

「ロマンス編」には2020年に急逝した竹内結子さんがラン・リウ役で、同じく2020年に急逝した三浦春馬さんがジェシー役で出演しています。

2人を偲ぶ声を取り上げてみました。

ラン・リウもかつてのダー子の仲間・スタアだったんですね。そして、ダー子もスタアと再び組めたことを喜んでいます。

そして、竹内結子さんは本当にかっこいい演技をしていますね。視聴者もだまされますね。

まさか、あのようなことになるとは思いもしませんでした。

ロマンス編を見ると泣けてきますよね。

2人の放つ光が強ければ強いほど、在りし日からの現在の切なさが浮き彫りになります。

お二人とも存在感があります。

お二人ともかっこよくてチャーミングです。多くのファンが悲しみました。

そして、ロマンス編を見るたびに、この現実が受け止められないというファンが多くいます。

お2人の活き活きとした演技力が光る「ロマンス編」を見ると、スクリーンから三浦春馬さんと竹内結子さんが出てくるような気さえしてきますよね。

まとめ

「ロマンス編」の面白いという感想やあらすじについて紹介しました。

「コンフィデンスマンJP」は、テレビドラマから誕生し、映画やスペシャルドラマでもヒットを続けているシリーズ作品です。

一見、平凡などこにでもいそうなダー子、ボクちゃん、リチャードの3人の信用詐欺師のストーリーは勧善懲悪、奇想天外、ハラハラドキドキあり、スカッとする映画です。

2022年1月に「コンフィデンスマンJP」シリーズの最新作「英雄編」が劇場公開されているので、「英雄編」を見る前にシリーズ作品ももう一度見ておきたいですね。

まだ、見ていない方、笑いありのサスペンスが好きな方は、是非見てみてください。

ここまで読んでいただきましてありがとうございました。

コメント

コメントする