MENU

アナと雪の女王2は字幕と吹替どちらがオススメ?内容の違いや口コミ感想も!

2020 8/03
アナと雪の女王2は字幕と吹替どちらがオススメ?内容の違いや口コミ感想も!

ディズニー映画として大ヒットした「アナと雪の女王」の続編、「アナと雪の女王2」ですが、日本の映画館では吹き替え字幕どちらも楽しむことができました。

お子様がいたらきっと吹替版で見る方が多いと思いますが、やはり字幕も気になる……
そんな方に、「アナと雪の女王2」を見るのであれば、どちらがオススメなのかをお伝えしていければと思います。

アナと雪の女王2の字幕版と吹替版。内容の違いについても

字幕版を選ぶメリット

やはり字幕版を見る方に多いのは、リアルさと迫力の違いにあると思います。

 

CGアニメは普通のアニメと違って、発音に合わせて口が動きます。
しかし、吹替はそれに合わせて翻訳するので若干の違和感があります。

そこを気にせず映画に集中できるのはとても大きなメリットだと思います。

 

今回は特にミュージカル映画かつ、大ヒットの続編という事で、演者さんの力の入れ様が違います。

特にCMで流れていた「イントゥ・ジ・アンノウン」はかなりの迫力で、一見、ではなく一聞の価値ありです!
英語がわからなくても海外のアーティストの歌声は心に直接響くものがあります。

吹き替え版を選ぶメリット

前回からの続投で、エルサの声優と歌は松たか子さんが演じております。

 

また、「レット・イット・ゴー」で既に周知されていますが、今回の松たか子さんの歌声もクオリティの高さに圧倒されます。

ミュージカル映画は普段字幕しか見ませんが、「アナと雪の女王」シリーズは吹替の劣化がありません。
そしてなにより聞きなじみのある日本語で聞くので、映像の美しさに集中することができます。

アナと雪の女王2の字幕版の感想

まずは字幕版の主なキャストです。

  • アナ/クリスティン・ベル
  • エルサ/イディナ・メンゼル
  • クリストフ/ジョナサン・グロフ
  • オラフ/ジョシュ・ギャッド

エルサ役のイディナは、ブロードウェイで活躍している女優であり歌手の方です。
さらには、トニー賞を獲るほどの実力があり、アカデミー賞でも前作で歌曲賞を受賞した、まさしく実力は折り紙付き。
英語がわからなくてもあの歌声を聞くだけ鳥肌が立ちます。

その声はやはり大きく、評価もかなり良いです。

Twitter

 

個人的に好きなのは、クリストフ役のジョナサン・グロフの「恋の迷い子」のシーンです。

海外ドラマ「glee」で人気を博した俳優さんで、演技は勿論のこと歌唱力も抜群です。そんなジョナサン・グロフが映画を見ている人を置き去りにして、本気で歌っている、まるで80年代のMVのような、思わずクスッとしてしまうシーンも必見です。

「クリストフのMV」は公式でも閲覧することができます。

アナと雪の女王2の吹替版の感想

吹替版のキャストです。

  • エルサ/松たか子
  • アナ/神田沙也加
  • クリストフ/原慎一郎
  • オラフ/武内駿輔

前作からほぼ続投ですのでその安心感は勿論ありましたが、前作以上の出来だと言っても過言ではありません。
何よりも透き通った声と声量のある松たか子さんが歌う「イントゥ・ジ・アンノウン」は字幕とは違った迫力があります。

口コミからも、人気も美声も健在ですね。

ただ一人、オラフ役の方の不祥事があり、「アナと雪の女王2」からは竹内駿輔さんが抜擢されました。
前作のファンからはとても不安な声が出ていました。ですが、その声が吹き飛ぶ程の演技力で違和感なく演じておられます。
オラフの茶目っ気ある声の端々に、竹内駿輔さん本来の元々渋い声のイケメンボイスが聞けるのも吹替版ならではかもしれません。

 

アナと雪の女王2の字幕版と吹替版どちらがオススメ?

個人的には字幕版がオススメ!ですが……

やはり圧倒的なのは字幕版だと思います。すべてか一流で、見ただけで惹きこまうのは言わずもがな。

 

ですが、吹替版も負けてはいません。

他の映像作品で見かける、芸能人を起用しての声優の大根役者ぶりのせいで、せっかくの映画の魅力も半減…
なんていうことは一切ありません。完璧に当てはめられた声優の方によって安心してみていられる映画です。

何よりもお子様がいれば、一緒に楽しめて一緒に歌ったりすることもできます。ハマりすぎてオラフごっこは少々疲れるとは思いますが。

字幕版は本格派、吹替版は親しみやすさということでどちらもオススメという事になりました。
まだ見ていない方の参考にしていただければ幸いです。

まとめ

新規キャンバス

 

今回「アナと雪の女王2」の吹替版と字幕版、どちらがオススメなのかを書かせていただきました。

 

どちらも甲乙つけがたいです。
ですが、やはりどちらでも良いので鑑賞していただくことが一番のオススメです。

 

あの映像美に織りなすBGM、そして耳に残る歌と前作よりもパワーアップした作品しています。
特にエルサが「イントゥ・ジ・アンノウン」の歌唱中、魔法の氷の表現や水しぶきなどが歌に合わせて現れるところなど、本当に鳥肌が立つ場面が多かったです。

 

なによりも、子供だけに見せておくのはもったいのない映画として出来上がっています。

話の内容も子供を楽しませるだけでなく、大人でも興味を惹くような内容になっていますので、ぜひまだ未視聴の方はブルーレイ・DVDでのご鑑賞をオススメいたします。

 

コメント

コメントする