【リメンバー・ミー】あらすじネタバレ!ヘクターの歌は盗作された?悪役デラクルスが最後どうなったかについても

「リメンバーミー」はピクサースタジオ製作、ディズニー配給で、2018年に公開されたコンピューターアニメーションによるファンタジー・アドベンチャー映画です。

キャッチコピーは「それは、時を超えて一家族をつなぐ、奇跡の歌」です。

作品の概要としては、主人公である少年ミゲルが死者の日に、死者たちが楽しく過ごしているテーマパークのような死者の国に迷い込むお話です。

そこで、ミュージシャンを夢見ていたミゲルは、死者の国で暮らす骸骨ヘクターとともに冒険を繰り広げます。

この冒険の中で、生死を超えた家族の感動的なドラマが繰り広げられていきます。

また、作品の中では音楽が多数登場しており、ミュージカル的な作品となっているところも見どころです。

なお、原題は「Coco」となっていますが、これはミゲルの曾祖母であるママ・ココから由来しています。

そんな「リメンバーミー」について、今回はあらすじネタバレについて紹介します。

以下ネタバレを含みます。先に「リメンバー・ミー」を観ておきたい方はU-NEXTがおすすめです。

U-NEXTの31日間無料お試しで貰える600ポイントで199円の「リメンバー・ミー」を今すぐ無料視聴することができます。

スクリーンショット-2021-11-20-15.28.37

本日から10月30日まで無料!
登録して31日以内に解約すれば料金は発生しません。

「リメンバーミー」あらすじネタバレ

①死者の国

ミゲルは12歳の音楽の好きなメキシコ人の少年でした。

しかし、ミゲルの高祖母ママ・イメルダの家族の掟は「音楽禁止」でした。

ミゲルは屋根裏部屋で隠れてギターを弾きます。そして、尊敬するミュージシャン、エルネスト・デラクルスのグッズを集めたりもします。

 

そんな中、先祖が家族に会いに戻る死者の日がやってきます。

死者の日には、祭壇に先祖の写真を飾ります。祭壇には顔の破られた先祖の写真がありました。

それは、ママ・イメルダの夫の写真でした。

その夫はミュージシャンでしたが、家族を捨てて家に帰ってこなかったのです。

これがママ・イメルダが音楽禁止としている理由でした。

ミゲルは、その夫の写真に尊敬するデラクルスと同じギターが映っていることに気づきました。

そして、写真に写る夫とはデラクルスであると思いました。

ミゲルはこれに気をよくして音楽コンクールに出場しようとしますが、家族にばれてしまい、ギターも祖母に破壊されてしまいます。

②2度目の死

音楽をあきらめきれないミゲルは、デラクルスのお墓に飾られているデラクルスのギターを使おうとします。

墓に忍び込みギターを手にして弾くと、死者の骸骨が見えるようになります。

そして、ミゲルは逆に生きている人から見えなくなってしまいます

ミゲルは、先祖に会いに死者の国へと向かいます。

イメルダに解決策を聞くと、先祖から許しをもらえれば元の世界に戻れるとのことでした。

しかし、日の出までに帰らないとミゲルは永遠に消滅してしまうとのことでした。

ミゲルはイメルダに許しをこい、帰ろうとしますが、イメルダが音楽をやめることを条件としたため許しを拒否します。

このためミゲルは、高祖父であろうデラクルスに許してもらおうと、先祖たちの前から逃げ出すのでした。

 

逃げている途中にデラクルスの友人であるというヘクターと出会います。

ヘクターは祭壇に自分の写真が飾られていないため、生人の国には行けませんでした。

ヘクターはミゲルをデラクルスに会わせる手伝いをするので、その代わりに自分の写真をミゲルに祭壇に飾ってもらうように約束しました。

2人は死者の国で開催されている音楽コンクールに出場します。

優勝するとデラクルスの家のパーティに行けるのでした。

そして、ヘクターの友人にギターを借りに行きます。

しかし、友人はすぐに体が消えてしまいました。それは生者の国でヘクターの友人は誰からも忘れ去られてしまったからでした。

実は、誰からも忘れ去られてしまうと、死者には2度目の死が訪れてしまうのです。

2人はコンクールに出場します。しかし、ミゲルの一家がミゲルを探しに来たために表彰式を前に逃げ出します。

うまくいかないため、ミゲルとヘクターはけんか別れしてしまいます。

③ミゲルとヘクターのつながり

ミゲルはデラクルスに会うためにパーティ会場へと向かいます。

ミゲルはうまく取り入ってパーティ会場に潜入し、デラクルスと会うことができました。

ミゲルはデラクルスに玄孫であると告げ、許しを請います。

デラクルスは玄孫に会えたことを喜び、許しを与えようとしますが、そこへヘクターが現れます。

ヘクターは実はデラクルスと共にかつて音楽活動をしていました。

しかし、デラクルスは途中でヘクターを殺し、ヘクターの曲も奪って人気者になっていたのです。

真実を知られたデラクルスは、ミゲルとヘクターを地下洞窟へ閉じ込めます。

そこでヘクターは、ミゲルにココという娘の話をはじめます。

ミゲルはココが曾祖母であることに気づき、ヘクターが本当の高祖父であることにも気づきます。

④よみがえる記憶とヘクター

イメルダが空飛ぶ動物に乗ってやってきます。

そこでヘクターは家族を捨てたわけではなく、デラクルスに殺されていたという事実を知り、みんなでヘクターの写真をデラクルスから取り返すことにします。

デラクルスと乱闘になりますが、ヘクターの写真はどこかへ落ちて行ってしまいます。

その一部始終は、カメラでコンクール会場の観客に中継されていました。

人々はデラクルスを非難し始めます。デラクルスは最終的には鐘の下敷きになります。

日の出が近づき、ヘクターの2度目の死が近づいてきます。

ヘクターの娘でありミゲルの曾祖母であるココは認知症のため、ヘクターのことを忘れてしまいそうになっていたのです。

しかし、ヘクターは、ミゲルを優先して生者の国へ送り返してあげます。

ミゲルは急いでココの元へ行き、ヘクターがココのために作ったという「リメンバーミー」を歌います。

するとココは父・ヘクターを思い出し、引き出しからヘクターの写真を取りだします。

引き出しにはヘクターの曲や手紙が入っていました。それらにより、ヘクターの誤解は解けるとともに、デラクルスの悪事が公となります。

 

翌年の死者の日に、祭壇にはココの写真とヘクターの写真が飾られていました。

ココは死者の国で両親のイメルダとヘクターとともに手をつないでいます。

こうして、ミゲルの家には音楽が戻ってきてラストとなります。

「リメンバーミー」ヘクターの歌は盗作された?

デラクルスの正式名称はエルネスト・デラクルスです。

生前に「リメンバーミー」を歌って人気を博した歌手です。白い骸骨をあしらったギターがチャームポイントです。

音楽活動に加えて、俳優活動も行い、マルチに活躍をしていました。メキシコでの功績をたたえて銅像が建つほどの人気者でした。

死後の世界でもその人気は続き、パーティなどを頻繁に行っています。

しかし、実はデラクルスは「悪者」でした。

デラクルスが人気を博した曲「リメンバーミー」は、ココの父親であるヘクターが娘ココのために作った歌だったのです。

デラクルスが作ったと思われていた「リメンバーミー」は盗作だったということが発覚します。

ヘクターと音楽活動をしていたデラクルスは、ヘクターに毒を盛って殺して曲も盗んだのでした。

「リメンバーミー」悪役デラクルスは最後どうなった?

生前のデラクルスは俳優もしており、劇中に鐘が上から落下してきて事故死しています。

そして、死者の世界においてもその悪事から、ミゲルやヘクターを亡き者にしようとしてきます。

しかし、その悪事もライブ中継によって、人々にさらされることとなります。

そして、最後はペピータによって再び鐘にぶつけられ、死後の世界からも追放されることとなり、2度目の死を迎えます。

まとめ

今回は、「リメンバーミー」のあらすじネタバレについて紹介しました。

ヘクターやココのことを考えると、なんとも切ないストーリーではありますが、最終的に幸せに死者の世界で過ごせるようになり、感動的なラストとなっています。

そして、「リメンバーミー」で悪役・デラクルスが最後はどうなったかについても紹介しました。

2度も鐘の落下によってなくなるという経験をして最後を迎えるなんて、なんだか少しかわいそうにも思えてしまいますが、ヘクターにしたことを考えると同情できないですよね。

 

「リメンバーミー」は、第90回アカデミー賞で長編アニメ映画賞と歌曲賞を受賞しています。

死者の国をカラフルに描いており、それは「トイ・ストーリー3」でも監督を務めたリー・アンクリッチが監督をつとめたことが大きな影響と言えるでしょう。

そして、歌曲においては、「アナと雪の女王」シリーズを担当したローバート&クリステン・アンダーソン=ロペス夫妻が主題歌「リメンバーミー」を担当しており、こちらも注目されました。

まだ、見ていない方、ディズニー&ピクサーのアニメファン、そして家族の心温まるストーリーが好きな方は、是非見てみてください。

ここまで読んでいただきましてありがとうございました。

コメント

コメントする