MENU

【スターウォーズ7】フォースの覚醒でルークがいた島の場所は?ロケ地の名前はスケリッグ・マイケル島!

2020 11/26
【スターウォーズ7】フォースの覚醒でルークがいた島の場所は?ロケ地の名前はスケリッグ・マイケル島!

スターウォーズ作品といえば、テクノロジーと自然との融合です。続3部作からはロケ地にもこだわっています。

映画「スターウォーズ7フォースの覚醒」でも広大な銀河や砂漠や緑の星など、壮大な景色があることも見どころのひとつですが、最後に登場する岩場に覆われた小さな島はどこなのでしょうか。

フォースの覚醒でラストシーンでルークがいた島【スターウォーズ7】

それでは、「スターウォーズ7フォースの覚醒」でルークがいた島は以下のような孤島でした。

周りを海に囲まれた険しい岩山からなっている島は、修行をするという意味では最適かもしれません。

岩場の角度も急で、登っていくことも大変そうですよね。

実際、エピソード8ではレイがルークに教えを乞うために追いかけ回すシーンがありましたが、おじいちゃんとなってしまったルークには結構つらそうでした…。

映画「スターウォーズ」ルークの島の名

ルークがいた島作品中での場所や名前【スターウォーズ7】

ルーク・スカイウォーカーがいた場所は、銀河系の未知領域に属する表面の大部分が海に覆われた水の惑星でした。

銀河帝国が、銀河系の各地に存在するジェダイの聖地を破壊する中も最初のジェダイ・テンプルであるこの地の正確な位置は銀河内戦が終わる頃も謎になっていました。

 

ルーク・スカイウォーカーは、ジェダイ・オーダーの再建失敗後、最初のジェダイ・テンプルを探す旅に出て、最終的にたどり着いた惑星です。その後、ルーク・スカイウォーカーは隠れて住んでいました。

この島の場所は、R2-D2のもっている地図とBB-8のもっていた地図を掛け合わせることででてきました。

惑星オクトーと呼ばれています。

ジェダイオーダーの最初の寺院も海面に点在する島の一つに築かれ、石造りの建物の廃墟が残されています。

ロケ地の名前はスケリッグ・マイケル島!【スターウォーズ7】

ロケ地の名前は、アイルランドの南西部の沖合約16kmに浮かぶ面積18ヘクタールの孤島、スケリッグ・マイケル(Skelling Michael)島です。アイルランドのほぼ最西端に位置しています。

現在は、無人島となっており、1996年にユネスコの世界遺産に登録されました。2010年には特別保護地区としてしていされています。険しい岩でできた島には、600段もの階段や石積みの修道院があり、おおくの海鳥が生息しています。

 

修道院は、588年に古代ケルト人が建てたとされていますが、定かではありません。

6世紀から8世紀の間にケルト系キリスト教の修道院として建てられ、初期キリスト教遺跡群もそこにはいくつかあります。

島の位置と急な地形から修道院や施設は、原型をとどめたまま残っており、初期キリスト教僧侶たちの暮らしぶりがうかがえます。

標高218mの山頂付近にある修道院は、1044年までには聖ミカエルを祀る修道院として整備されてきたとされています。

島の名前もアイルランド語で、大天使『ミカエル』の岩を意味しており、この島を象徴しています。

823年、ヴァイキング襲来がありながらも守られてきましたが、100年ほど経った12世紀に放棄されるまで使われていました。

 

1500年代に入ってからは、海が穏やかになる時期に巡礼が訪れるようになり、1826年には灯台を建設、そして、1986年には建築物の修復作業が行われました。

遺跡の損傷の問題によって、観光目的の渡航が制限されていますが、天候もよい時期であれば、観光ライセンスをもつプライベートボートツアーは島に上陸できるとのことです。

日本からいくには、イギリスから1時間程でアイルランドに行き、南西部ケリー州にある小さな港町ポートマギーなどからボートで渡るとのことです。

映画「スターウォーズ」ルークの島no

人が住んでいたとは信じられないほどの過酷な環境ではありますが、たくさんの鳥が飛び交う、巡礼の島となっているようです。

歴史的な信仰と修行が自然と融合している島は、ルーク・スカイウォーカらジェダイの修行の地としての場として、形式がよいだけでなく、とても意義深いものだったにちがいありません。

 

スケリッグ諸島にある2つの島の内の大きい方をスケリッグ・マイケル、小さい方をリトル・スケリッグと呼びます。

太陽が二つあったりすることもスターウォーズ作品の特徴ではありますが、島が二つ寄り添うようにしてあるのもルーク・スカイウォーカーとレイアを象徴しているかのようでルーク・スカイウォーカーが隠れている島としてぴったりだと思います。

映画「スターウォーズ」ルークのいた島

 

そして、このような貴重な場所だったため、2日のみの現地での撮影で、残りをアイルランドのケリー州の海岸で行ったとか。

Twitter

まとめ

映画「スターウォーズエピソード7フォースの覚醒」では、『フォース』を印象づけるためにも最後の島でレイとルークスカイウォーカーがであったところで終わったことが、この島を知ったことでより深みを感じるようになりました。

ファンタジー作品の中にあるものが、現実の世界にもリンクして、フォースと似たものが自然と人の営みの中にもあると思うと興味深いですね。

続3部作を観るときは、ぜひ、背景や惑星にも注目して観てください!

コメント

コメントする