MENU

【パラサイト】ソファーシーンの「ドラッグ買って」の意味!時計回りはジョーク?「奥さん愛してる?」も考察!

2021 1/08
【パラサイト】ソファーシーンの「ドラッグ買って」の意味!時計回りはジョーク?「奥さん愛してる?」も考察!

「パラサイト」は、2019年公開の韓国のブラック・コメディ・スリラー映画です。

父母息子娘の4人家族キム一家は全員失業中で、息子ギウが豪邸に住むパク一家の娘ダヘの家庭教師を始めるところから始まります。

物語が進む中で、出かけていたパク社長たちが戻ってきて、色々やらかしていたキム一家が慌てて隠れてパク社長と奥さんがソファーでくつろぐシーンがあり、気になる描写がありました。

今回はそのソファーシーンでの、意味深なセリフ「ドラッグ買って」の意味を解説します。

また同じく意味深な「時計回りに触って」や「奥さん愛してる?」の意味も考察します。

ソファーシーンでの「ドラッグ買って」の意味は?

パク夫婦がソファの上で性行為をはじめたとき、パク婦人は「ドラッグ買って」と主人に言います。

性行為に薬物を使用してより快感を得たいということなのですが、ここでは、ポン・ジュノ監督の社会批判が含まれています。

 

パラサイトの大きなテーマは、富裕層と貧困層の溝そしてそれぞれが持っている業です。

以前パク社長は、車の後部座席に女性の下着(キム家の娘のヨンギョが落としたものですが)が落ちていたのを見つけて、「お抱えの運転手が後部座席を使って女と性行為をしていて、女は下着をはくのをわすれるほど興奮していた。」と婦人に話します。

この際、「下着を忘れるほどだからドラッグでも使っていたのだろう。」と付け加えます。パク社長にとって、ドラッグがそこまで非現実的なものではないことが伺えます。

そしてこの流れがあっての、奥さんの「ドラッグ買って」です。

パク夫婦は富裕層であり、一見正義感の強い法令順守の精神を持っているようなふりをしています。

しかし富裕層の自分らは快楽のためであれば、「ドラッグ買って」と言っても富裕層だから許されると考えるような人間なのだということを皮肉を込めて伝えているのでしょう。

「時計回りに触って」の意味は?

また、パク夫婦のソファーでの性行為のシーンでパク婦人は、「時計回りに触って」と主人に要求します。

このシーンでは、もう1つのソファーの下ではキム一家が隠れて、パク夫婦のことが終わるのを息を殺してまっています。早く終わってくれと念じています。

「時計回りに」という言葉は、時間を意識させるために使われている言葉です。

隠れているキム一家にとっても、もしかしたら家族で見ているかもしれない視聴者にとっても、性行為のシーンは早く終わってほしい、つまり気まずい時間です。

これもポン・ジュノ監督のテクニックですが、「時計回りに」というセリフを使って見ている者たちに焦りを促す効果を出しているのです。

また、ポン・ジュノ監督はインタビューで「観客がこのシーンを見て、早く終わってくれと思って欲しかった」と語っています。

視聴者をキム一家に感情移入させるために使ったテクニックなのでしょう。

 

また、時間を意識させる以外では、印象的な単語でパク家とキム家の両家の格差を表現したかったということも考えられます。

この映画には、ソファーシーン以外でも、大豪邸へ続く階段の方向地下室への扉のレバーの回転する方向が「時計回り」で設定されています。これは両方ともパク家にまつわるものです。

一方、「反時計回り」が出てくるシーンもあり、キム家の母・チュンスクが庭でハンマーを投げた回転方向キム家が運転手食堂でバイキングをした時の料理の回る方向ギテクがドンイクを刺して逃亡していく時の階段の方向、などが「反時計回り」でした。こちらは全てキム家まつわるものです。

「時計回り」と「反時計回り」で、パク家とキム家の両家の格差が描写されているのです。

非常に細かい描写ですが、この映画の一番のテーマは格差社会なので、ポン・ジュノ監督もいろいろな視点からこのテーマを描きたかったのでしょうね。

「奥さん愛してる?」の意味は?

また、「奥さんのこと愛してるんでしょう?」とキム父さんがパク主人に聞くシーンがあります。

このセリフは数回出てくるのですが、パク主人ははじめは肯定するのですが、次は肯定も否定もしないのです。

ここも映画のテーマである富裕層と貧困層の違いを見せつけているシーンです。

キム一家は貧しいですがいつも楽しく会話して苦楽を共にしている一方、パク一家はどことなく離れ離れです。体面ばかりを取り繕っている感じです。

そして二度目に言われたときは、パク主人は「お前は私より価値が低い人間だ」などとキム父さんに敵意を表しています。奥さんを愛していることを自信を持って言えないことの現れています。

 

また、パク主人だけでなく、奥さんにも旦那さんへの愛の薄さを感じる所がありました。

二人が買い物に行くシーンがありますが、その際に奥さんは旦那さんの存在がないかのように振る舞っていました。

これは、旦那さんのことより自分のことに意識がいってしまっていることを感じさせます。

またそれだけでなく、このシーンで奥さんは友人に電話してその電話している最中に大きな声で歌い始めます。

不可解なシーンですが、奥さんは体裁は良いが実際にはとても自己中心的であることがうまく表現されています。

 

パク家をキム家と対比的に優雅に表現しつつも、パク家にはパク家で根の深い問題があるというわけです。

単なる格差社会の描写だけじゃない、韓国社会のリアルな部分が伝わってきますね。

まとめ

パラサイトは、富裕層のパク一家と貧困層のキム一家の違い、特に富裕層に対する皮肉を多く伝えています。

パク夫婦の性行為のシーンなどは、裸の富裕層つまり本性はこんなに下劣なものである、ということを皮肉たっぷりに伝えています。

こういった表現のうまさもアカデミー賞を受賞した要因の一つなのだと思います。

また、この「時計回り」のセリフは話題になったそうで、パク婦人役のチョ・ヨジョンはパラサイト以降「時計回り奥さん」と呼ばれるようになっているそうです。

コメント

コメントする