【スターウォーズ9】カイロレンがライトサイドに戻れた理由は?レイとのキスやラストの生死について!

スターウォーズ作品にとって、ダークサイドとライトサイドとの攻防は、大きな見どころとなっています。

特に、ダースベイダーは、そのビジュアルやテーマソング共に大きな魅力となっています。

特に、続3部作のダースベイダーであるカイロレンは、エピソード9で、ライトサイドに戻れたのでは、という見方があります。

今回は、そのことについて以下に考察していきたいと思います。

EP8までのカイロレン【スターウォーズ7,8】

 映画「スターウォーズ」ベン

それでは、エピソード7、エピソード8のカイロレンの人物像についてまとめていきたいと思います。

まず、エピソード7では、本来の自分自身である「ベン」をなくし、「カイロレン」と名乗っています。

尊敬するダースベイダーのマスクを身に着け、シス側で行動していました。

その一方で、マスクを自らとって顔を出したり、父親の前で涙を流したり、レイには共感するような姿勢もみせ、人間らしいダースベイダーとしても話題があがりました。

両親のレイアとハン・ソロがライトサイドであり、完全にダークサイドへ落ちることができず、その未熟さをスノークに指摘され、ハン・ソロを殺害に至るという心の葛藤が強く見られたこともその一因でしょう。

レイとの最後のライトセイバー対決も心の弱さからも負けてしまいます。

 

次に、エピソード8では、エピソード7での家族との不和の情報に加えて、預けられた先での師匠ルークにも力の強さやダークサイドへの片りんをカイロレンから感じられたことから寝込みを襲われてしまい、ダークサイドへ落ちたことが判明します。

レイとは相変わらず対立を継続しますが、ルークのもとでフォースを学ぶレイとフォースの力によってお互いの交信が可能になるほど結びつきはエピソード7よりも強くなっていきます

ここでは、「フォース」という大きな力をもつレイに対するカイロレンの歩みよりがみられ、カイロレンはレイとともにファースト・オーダーもレジスタンスも超えた強い存在になるべく、レイを仲間に誘います

2人での共闘シーンもありましたが、レイはそれを拒みます。スノークをも殺害し、完全なるダークサイドというよりも強さを求めていることがより顕著として見られるも師匠ルークとの対決での十字型のライトセイバーがめらめらと燃えているように、まだ、ダークサイドの印象が強くありました

 

以上、エピソード7、エピソード8どちらもカイロレンの保護者としての信頼を欠いたハン・ソロやルークがカイロレンとのライトセイバーでのやり取りで命を落としています

また、その事実もカイロレンの心の不安定さを助長しています。

加えて、ダークサイドへ完全に落ちているわけではなく、葛藤の中にいることが分かります。

そして、自己の強さを求めることに加えて、「フォース」という力をカイロレンと同じようにもっていて、そして、保護者の愛情に対する欠如を経験しているといった共通部分からレイに対する精神的な希求心もより強くなっているように感じとられます。

更に、レイとは、フォースの力自体によってもお互いに繋がりあう力も徐々に強くなっているというのもあり、よき理解者でもありながら反発、戦いつつ、カイロレンとしては、自分側へ引き入れようと何度も説得しています。

2カイロレンがライトサイドに戻れた理由は?【スターウォーズ9】

理由としては、2つの要因があると考えられます。

 

1つ目は、レイからフォースエネルギーで腹部に負った致命傷を治されたことでしょう。

第2デス・スターでレイをダークサイドへカイロレンは誘い込みますが、レイは拒み、ライトセイバーでの戦いとなります。

激しい戦いの中、カイロレンの母であるレイアの最期の声が聴こえ、ライトセイバーを落とし、レイが腹部を貫きます。

直後、レイもレイアの死を感じ、気のぬけたカイロレンをみて腹部に手をあて、傷を癒します。

 

そして、2つ目に、殺した父ハン・ソロを心の中の記憶内でみて、会話をしたことです。

これまで、心は不安定でも弱いところを見せるのは、父であるハン・ソロの前だけでした。

今回も「やるべきことはわかっている、でもやる自身がない」と言いながらも「いつでも息子の『ベン』だ」と言われたことで、決心がつき、カイロレンのライトセイバーを自ら海に放り投げます。

この部分は、過去のエピソードでレイアから「I love you.(愛してる)」と言われた際のハン・ソロの返し文句「I know.(わかっている)」も用いられた見どころなので、機会があれば、英語でもきいてみてください。

 

この2つの要因からカイロレンのこれまでの心の葛藤や戦いで、これまでの深い心の怒りを出し切り、一番の理解者に癒されたことがこれまで、気持ちの不安定さを他者に破壊的に向けていたことと対照的に、自分の心の中と向き合う機会となったといえるでしょう。

そして、自分の弱さを本来の自分が認めて、本当に自分と向き合ってほしかった対象である父親から次に歩むべき道を肯定されたことが、自分自身を取り戻し、ライトサイドに戻ることに繋がったのだと思われます。

レイとのキスやラストの生死について【スターウォーズ9】

それでは、スターウォーズ9の中でも衝撃のシーンについて考察していきたいと思います。

惑星エクセゴルでパルパティーンとの対決となり、遅れてやってきたカイロレンも加わり、フォースの力でお互いに繋がりながら共闘します。

しかし、一度は、瀕死に追い込まれ、レイは、過去のジェダイたちの声をもとにすべての力、そして、ルークとレイアのライトセイバーを両手に持ち、パルパティーンとの対決に勝利します。そこで、レイも命を落とします

その後、吹き飛ばされたところから這い上がってきたカイロレンが、自らのフォースを用いてレイの命を再び蘇らせます

 

目を覚ましたレイを見て、カイロレンは自然とひかれあうようにキスをして、満面の笑みを見せたあとにカイロレンは倒れてしまいます。そして、カイロレンの姿が消えて、フォースと一体化します。

これに関しては、いくつかの解釈があります。

 

1つ目は、ディズニーによって、恋愛としてレイとカイロレンの救済が行われたという視点。

確かに、レイとカイロレンの反発しながらもお互いの障害を破っていくための理解者となっていく過程は描かれていました。

レイとカイロレンを恋愛関係としてカップリングする人たち(通称レイロ)もエピソード7から継続して存在していたため、これらのファンを意識してのこととも言われることもあります。

 

しかし、恋愛についての描写としては、急な展開であったように感じられました。

 

筆者は、これに関して、レイア役を務める女優のキャリー・フィッシャーが亡くなってしまったことで、脚本を変更しなくてはならなかったことが、このシーンの多少なりとも生じる違和感に繋がっているのではないかと思いました。

エピソード7:父親ハン・ソロ、エピソード8:叔父であり、師匠ルーク、エピソード9:母親レイア、それぞれ、カイロレンが養育される立場での信頼感を裏切られてきたと感じてきた保護者たちと向き合う事象が起きる予定だったのだと思われます。

実際、エピソード8をとり終わった後に、キャリー・フィッシャーも「9は私(レイア)の番ね」と監督に述べています。

 

息子のカイロレンも母親の存在を感じて攻撃をやめた描写がエピソード8では見られたため、レイアに対する気持ちは残っており、母親による救済も脚本としては取り入れようと考えていたのではないでしょうか。

ところが、母親役のキャリー・フィッシャーが亡くなってしまったため、第2の救済、つまり異性の理解者の救済へと話が進みます。

 

そして、2つ目は、レイとカイロレンが本来の姿である「ベン」として繋がれたという象徴であることです

母親のレイアの救済という選択肢がなくなたことからも心の側近の一番の理解者であるレイから癒され、認められることは、大きな出来事であったと考えられます。

以上の見方があり、恋愛か友愛か、それとも両方がかけあわさったソウルメイトのようなものか、といった捉え方の選択肢があり、判断は見る人の主観、もしくは、今後の続編で分かるのではないかと思います。

こういった色々な想像ができることも映画をみる面白味の一つですね。

まとめ

出生での二人の関係性をカイロレンは、「二人で一つの対だ」と映画でも表現していましたが、家族にまつわるお互いの深い心のエネルギー葛藤や受容をも共にして、ついには、お互いの身体的負傷もフォースで癒してきたという点で、単なる恋愛感情という言葉では説明しきれない意味のキスや生死だったといえます。

これまで、心のエネルギーの不安定さが目立っていたカイロレンが最期は、心の記憶で本来の「ベン」にもどれ、笑顔を見せてくれたことに、カイロレンの大きな成長が見られたシーンの数々だったように思います。

このように考えると続三部作はレイとカイロレン、2人の間の物語とも言えるのかもしれないですね。

スターウォーズは、深い見方をすれば色々な解釈ができるので、ぜひ、一度、ご自身の目でも確かめてみてください。

ディズニ、ピクサー、マーベル、スターウォーズ作品好きならDisney+(ディズニープラス)は登録必須!

\ディズニ、ピクサー、マーベル、スターウォーズを無料で楽しむならタップ!/

Disney+ (ディズニープラス)

※無料期間内に解約すれば料金は発生しません