MENU

ハリーポッターと秘密の部屋のあらすじネタバレを詳しく!エンディング結末や黒幕と継承者も解説!

2020 11/26

「ハリーポッターと秘密の部屋」は、イギリスの文学作家J・Kローリングが1998年に発表しており、児童向けファンタジー小説「ハリー・ポッター」シリーズの第2巻になります。

同作品が映画化されたのは2002年で、ワーナー・ブラザーズが制作しています。

キャストはすべてイギリス人が起用されていて、クリス・コロンバスが監督、主人公のハリーポッターをダニエル・ラドクリフ、ロンをルパート・グリントが、ハーマイオニーをエマ・ワトソンが演じています。

今回は、ハリーポッターと秘密の部屋のあらすじネタバレを詳しく紹介したいと思います。

また、エンディング結末や黒幕と継承者についても解説します。

「ハリーポッターと秘密の部屋」あらすじネタバレ

①ドビーと空飛ぶ車の登場

ホグワーツ魔法学校で、賢者の石をめぐりクィレルに憑依したヴォルデモートを撃退後、1年生を終えたハリーポッターは夏休みになり、再びダーズリー家に戻って、つまらない日々を過ごさねばなりませんでした。

ある日、屋敷しもべのドビーがハリーの部屋に現れ、休み明けにホグワーツ魔法学校へ戻ってはならないと警告します。

しかし、ハリーにとっては、我が家同然となったホグワーツ魔法学校へ戻らないわけはありません。

ハリーがドビーに反論するとドビーは、ダーズリー家でいたずらをして、ハリーを困らせます。

ハリーはそのため、ダーズリーから自室に閉じ込められてしまいます。

 

そんなハリーの元へ、親友のロンと兄弟のフレッドやジョージが空飛ぶ車でやってきます。

そして、空飛ぶ車でハリーを助け出します。

そのままハリーらは、ロンの実家に行き、ロンの家族のお世話になります。

そして、2年生進学に必要な教材の買い出しにダイアゴン横丁へとみんなで向かいます。

そこでハリーは、ハグリットやハーマイオニーとの再会も果たします。

さらに、ホグワーツに着任する売れっ子作家のロックハートとも出会います。

②2年生の開始と不思議な出来事

新学年開始に備えて、ハリー、ロン、ロンの妹ジニーはホグワーツ特急に乗るために9・3/4番線へと向かおうとしますが、ハリーとロンは入ることができません。

しかたなく、2人は空飛ぶ車を使ってホグワーツへと到着します。

この時、空飛ぶ車を運転して飛行しているところをマグルに目撃されてしまいます。

それをとがめたスネイプやフィルチは、2人を退校にするべきだと進言します。

それを聞いたダンブルドア校長は、退校にはせず軽微な罰で許してくれました。

ハリーは2年生になってホグワーツ魔法学校での日々を過ごしますが、おかしな現象が学校で起こり始めます。

最初は、フェルチの愛猫ミセス・ノリスが石化させられ、吊るされていました。

ミセス・ノリスが吊るされた壁には「秘密の部屋は開かれた 継承者の敵よ 気をつけよ」と不思議な文字が描かれていました。

③リドルの本性

ハリー、ロン、ハーマイオニーのいつもの3人は、怪奇現象の謎をつきとめようとしますが、ハーマイオニーらは襲われて石化させられてしまいます。

その容疑者にあがったのはハグリットでした。

そしてハグリッドは、アズカバン監獄へと送られてしまいます。

ハリーとロンは、なんとか秘密の部屋への入口を発見します。

しかしそこでは、ジニーが誰かに操作されていました。

操作していたのは、ホグワーツ魔法学校にかつて在籍していたトム・リドルでした。

そしてトム・リドルは、実は若いころのヴォルデモートでした。

リドルは、ハリーの前に現れジニーの魂により復活すると言いだします。

④黒幕

ハリーは、リドルが両親を殺した相手なのかと思うと愕然となります。

さらに、リドルはハリーに襲い掛かります。

リドルは蛇のバジリスクをハリーに仕向けます。

ハリーは追い詰められますが、ダンブルドア校長が飼っている不死鳥フォークスがピンチに現れ助けます。

 

ハリーは、剣を使って毒蛇を倒しロニーやジニーらと秘密の部屋から脱出します。

その後、秘密の部屋にかかわる事件は、マルフォイの父ルシウス・マルフォイがダンブルドア校長を解任するために計画した罠だったことが判明します。

これによりルシウス・マルフォイは、ホグワーツ役員を解任させられます。

魔法も解け、ハーマイオニーらも石化が解け、ホグワーツ魔法学校は安泰となります。

エンディング結末や黒幕と継承者について

黒幕に関してはまず、トム・リドルの日記がヴォルデモート復活の要因でした。

この日記は、冒頭にハリーが訪れたダイアゴン横丁の本屋でジニーのバッグにルシウス・マルフォイが忍ばせていました。

これによりジニーは、トム・リドルから筆談を通じて操られることになりました。

そしてトム・リドルは、秘密の部屋への帰還を果たすのです。

そもそも、ヴォルデモートの復活のきっかけを意図的に作ったのは、トム・リドルの日記をジニーのバッグに忍ばせたヴォルデモート信者のルシウス・マルフォイだったのです。

 

また継承者に関しては、ホグワーツ魔法学校から聞こえてくるのはへび語であり、それはヴォルデモートとつながっていました。

ヴォルデモートの継承者は、へび語の話せるパーセルマウスでした。

そして、スリザリンの末裔であるとのことでした。

このため、パーセルマウスであったハリーはスリザリンの末裔かどうか、どころか犯人扱いされてしまいます。

実は、ハリーは赤ん坊の頃、ヴォルデモートの攻撃を跳ね返したとき、偶発的にヴォルデモートの能力の一部を引き継いでいたのです。

ハリーにもヴォルデモートの能力が入ってしまっており継承者とも解釈できるのです。

まとめ

ハリーポッターと秘密の部屋は、ハリー2年生のお話で、ホグワーツ魔法学校に現れたヴォルデモートを秘密の部屋で撃退する物語です。

その黒幕は、ルシウス・マルフォイで、ジニーのカバンに忍ばせたトム・リドル、すなわちヴォルデモートの日記が原因だったのです。

ヴォルデモートの継承者は、パーセルマウスだということがわかると、ハリーであるということが判明します。

ヴォルデモートは、スリザリンの寮出身であることから、当初はドラコ・マルフォイではないかとハリーたちは疑っていましたが、実際はヴォルデモートの能力の一部を引き継いでいるハリーだったのです。

コメント

コメントする