エヴァンゲリヲン序の赤い海はLCLじゃない?赤い大地の白線の巨人の跡についても!

ヱヴァンゲリヲン新劇場版「序」のオープニングで海は赤く染まっています。アニメ版を見ると、はじめの頃は、海は青いです。

そして、それに引き続き、オープニングでは、赤い台地に崩壊したたくさんのビル群、その中央に白線で巨人の姿が描かれています(事故現場などで警察が白線で人型を描くようなかんじ)。

そもそも、赤い海はどのようにできたかというと、一般的には使徒の肉体が反ATフィールドに侵食され変化した原初のスープLCL(Link Connected Liquid)であるといわれています。

どうして、「序」ではじめから赤い海について、そして、赤い大地にある白線の巨人はいったい何なのかについて説明します。

目次(各項目をタップすると、その項目に飛びます。)

赤い海の理由はLCLじゃない?

4-1

赤い海は、死海と呼ばれ、生物が存在することができない海とされています。

アニメ版では、最初は青い海であり、物語がすすむにつれ、赤い海が出てくるようになりました。

アニメ版では、西暦2000年に南極で第1使徒アダムが反ATフィールドを展開したため、肉体が変化した原初スープ(LCL)と海水が混じり、周囲の海を赤くしました。これに当初は、南極一帯の海が赤く染まっています。

そして、サードインパクトがのちに起こりますが、その時に反ATフィールドが世界に展開され、このときに世界中の海が赤く染まりました。

 

「序」において、最初から海の色が赤いのは、セカンドインパクトの規模がアニメ版と違って大きいからだとする説もあります。

アニメ版と劇場版は別なお話だとすれば、セカンドインパクトの規模によるもので、「序」の最初から赤い海はLCLらしきものの溶け込んだものという見方もできます。

ただ、劇場版を、アニメ版からの再生のお話と仮定すると、アニメ版でのセカンドインパクトの後できた南極の赤い海がサードインパクトを経て、世界に広がったと考えることもできます。

劇場版では使徒壊滅後、赤い血のようなものが噴出し流れています。生命の実を食べた使徒たちからは生命の源ともいえる液体LCLが流れ出ているのです。

ジオフロント奥にリリスは安置されていますが、アニメ版でリリスが何かしらの使徒と接触したことによりサードインパクトが起きています。

 

各インパクトの意義とは、生命の再生です。地球のあらゆる生命の魂が、引き起こされたインパクトにより、LCLに還元され、再び新たな生命体として生まれて、世界が繰り返されているのです。この時、生命の魂に込められた一つ一つの意志は、新たな生命体に引き継がれます。

だから、「序」のはじまりで海が最初から赤いのは、直近のインパクトの影響であり、生命の魂が込められていた液体の残滓ということもできます。かつてLCLであったものがあの赤い海の液体となっています。

気の抜けた炭酸水はもはや炭酸水ではありません。ただの水です。魂の抜けたLCLも、やはりLCLではなく、生命体が存在することのできない残りかすのような赤い海なのです。

赤い大地の白線の巨人の謎

5-1

「序」以前の世界で起きたインパクトによって赤い海ができたのですが、使徒の狙いは、第1使徒アダム又は第2使徒リリスとの融合です。

だから、ジオフロントを狙ってくるのです。そして、彼らが融合することによって、使徒は人類補完計画を阻止し、地球の名主となることができるのです。

しかし、この人類vs使徒の戦いのはざまで、インパクトのトリガーとなる生命体が必ず現れ、世界が再生されます。前世を引き継いでいる部分、まったく新しい部分、少し違った部分によって新しい世界が構成されるのです。

そのトリガーは、アニメ版ではシンジであったり、劇場版ではカヲルであったりします。

 

では、あの白線の巨人は何かというと、「序」直近のインパクトにおいて、リリス又はアダムスが使徒と融合し、地上に降り立ち、リリスが地中に降りて行った場所と考えられます。大地が赤く染まっているのもインパクトのはざまでLCLが噴出したものです。

その中心でリリス又はアダムスが地中深くへと潜り、新たな生命体による世界が再構築されているのです。

生命体はインパクトによりLCLに還元されていますが、再生後、意志を引き継いで新たな生命体として再生いますので、やはり「序」の世界においても、「序」直近のインパクトに存在していたNERVと同じものが設立され、ジオフロント内に再び、リリスが安置されることになっているのです。

まとめ

1-1

劇場版ヱヴァンゲリヲン序の冒頭に現れる赤い海はLCLではなく、インパクトによりLCLに溶け込んでいた生命体の魂が抜け出た残滓といえます。

アニメ版と違い最初から赤いのは、「序」直近のインパクトによって、使徒から流れ出たLCLが残滓化され、日本を含む広大な地域に流れ出たからです。

そして、その「序」直近のインパクトは、アダムス又はリリスの壊滅(再生)を伴っ    ており、それによって大地や海を赤くしたと考えられます。

 

また、この際に赤い大地の中心には、アダムス又はリリスがあったものと思われ、そこからジオフロントとなる場所まで潜っていったのです。

白線は、アダム又はリリス発見のために目印としてつけられたか、インパクトにおける光の影響が大地に刻まれたものなのです。

映画好きならU-NEXTの無料お試しが絶対おススメ!

\無料お試しで600ポイント貰うならタップ!/

display_image

※無料期間内に解約すれば料金は発生しません

600ポイントで、映画を900円で見る方法はこちらをチェック