映画「AI崩壊」のキャストやあらすじネタバレ見所は?主題歌や予告動画も!

映画『AI崩壊』がいよいよ公開されます。

主演には大沢たかおが抜擢され、「俳優人生をかけた」演技をしているそうです。

また、他のキャストにはクールな役を演じるがんちゃんもいるとのこと。

2030年という近未来を舞台として「AIが崩壊する」。

一体日本で何が起こったのでしょうか。

『AI崩壊』のキャストや、あらすじネタバレ、評価口コミ感想、そして主題歌などについてご紹介していきます。

関連記事:

AI崩壊のムビチケ前売り券情報はこちら↓

映画「AI崩壊」の作品情報や概要

AI崩壊 あらすじネタバレキャスト

引用:http://wwws.warnerbros.co.jp/ai-houkai/

  • 作品名:AI崩壊
  • 公開日:2020年1月31日
  • 監督:入江 悠
  • 脚本:入江 悠
  • 音楽:横山 克

作品概要:

『22年目の告白―私が犯人です―』を手掛けた入江悠監督の完全オリジナル映画が公開となります。

10年後の2030年という近未来を舞台として、AIが暴走し人の生きる価値を選別し、暴走します。

AIの開発者であり事件の首謀者とされた主人公・桐生浩介(演:大沢たかお)は、日本中でお尋ね者となりました。

一体AIに何が起きたのか。

10年後に起こる可能性のある事件をリアルに描いた近未来サスペンス映画となっています。

キャストは大沢たかおを主人公に、賀来賢人や広瀬アリス、岩田剛典と実力派豪華キャスト陣となっています。

AIが暴走した社会で混乱する人々の様子をどう演じるのか注目です。

映画「AI崩壊」のキャスト

桐生浩介(演:大沢たかお)

https://www.instagram.com/p/B62GS3FDxQU/?utm_source=ig_web_copy_link

桐生浩介は医療系AI(のぞみ)の開発者として、2030年に娘の心(演:田牧そら)と日本に帰国しました。

しかしAI(のぞみ)が暴走し、人の生きる価値を選別し始めます

。実は「のぞみ」は浩介の亡くなった妻((演:松島菜々子)の名前「望」からきており、浩介が開発したAIの許可が国から下りる前に、妻は亡くなってしまっているのです。

そのため日本中のお尋ね者になり、浩介は逃亡しました。

はたして、AIの暴走と浩介の思惑に因果関係はあるのでしょうか。

 

「俳優人生をかけて参加した挑戦作。カメラマンやスタッフ含めて必死のエネルギーに溢れた映画です。」と大沢たかおの気合の入り方が違います。

さまざまなドラマや映画で、幅の広い役を演じており、近年では『キングダム』の王騎役を務めています。

ワケありの過去を持つ天才科学者はどうなってしまうのでしょうか。

「俳優人生をかけ」た大沢たかおの演技に注目です。

  • 生年:1968年3月11日
  • デビュー作:君といた夏
  • 代表作:解夏、仁 JIN、キングダムなど

西村悟(演:賀来賢人)

View this post on Instagram

AI崩壊 いよいよ、動き始めました。

A post shared by 賀来賢人 (@kento_kaku) on

主人公浩介の義弟で、HOPE社の代表取締役。

HOPE社はAIを管理しており、悟と浩介はAIを共同で開発してきました。

「義兄の無実を信じている―」悟は、浩介とひそかに連絡を取りながら、逃亡の手助けをします。

 

大先輩として大沢孝雄に仕事以外のことも質問攻めした、という賀来賢人。

本作の内容に関しても、近未来でありAIの出現によって起こりうる事態として、深く考えるきっかけとなってほしいと語っています。

最近の出演作といえばTVドラマ『今日から俺は!!』で、やんちゃで面白いイメージがつきました。

本作では会社代表取締役なので、クールな演技が見られるのでしょうか。

  • 生年:1989年7月3日
  • デビュー作:Little DJ 小さな恋の物語
  • 代表作:ごくせん THE MOVIE、花子とアン、今日から俺は!!

廣瀬久未(演:広瀬アリス)

警視庁捜査一課の新人刑事で、合田京一(演:三浦友和)と協力しながら、AI暴走事件の真相を追っています。

しかし、警視庁サイバー犯罪対策課のAI包囲網とは捜査方針が合わず、足で稼ぐ手法。

女優として2008年に映画『死にぞこないの青』でデビュー後は、『恋愛約束』や『明日の光をつかめ』など、携帯ドラマやTVドラマと幅広く活躍しています。

妹の広瀬すずとはバラエティ番組「もはや神ダネ」で共演しており、妹とはイメージが対照的なコミカルな役を演じることもあるます。

そのため、最近では「広瀬すずの姉」という認識は薄まりつつある印象です。

役名の名字の読みが同じなのは、単なる偶然でしょうか。

  • 生年:1994年12月11日
  • デビュー作:死にぞこないの青
  • 代表作:大切な事はすべて君が教えてくれた、黒の女教師、銀の匙 Silver Spoon

桜庭誠(演:岩田剛典)

https://www.instagram.com/p/B6lFq7ZDmql/?utm_source=ig_web_copy_link

AIの暴走には桐生浩介の関与が濃いと読み、日本中のAI包囲網で浩介を追いかける、天才刑事を岩田剛典が演じています。

警視庁サイバー犯罪対策課を指揮しするほどの実力の持ち主で、望月剣(演:高嶋政宏)や林原舞花(演:芦名星)とともに、事件の究明を目指しますが、警視庁捜査一課とは方針が合わない様子。

はたして、天才刑事は浩介を追い詰めることができるのでしょうか。

 

近年では、『HIGH&LOW』シリーズで俳優として名を馳せている岩田剛典が、天才刑事を演じます。

『3代目J soul Brothers』の一員として、これまで音楽業界で活躍してきました。

『HIGH&LOW』や『ワイルド・ヒーローズ』でもやんちゃなイメージとは真逆の、クールな役をどう表現しているのか気になります。

「がんちゃん」ファンはとくに目が離せないですね。

  • 生年:1989年3月6日
  • デビュー作:クローズ EXPLODE
  • 代表作:HIGH&LOW、去年の冬、きみと分かれ、ワイルド・ヒーローズなど

映画「AI崩壊」の予告編動画

 

暴走するAIからの目線、逃げる天才科学者と追う天才刑事、さまざまな視点から見える事件の真相の展開に、ハラハラ・ドキドキする予告映像です。

「誰かが俺をはめようとしている」

大沢たかおが演じる桐生浩介の悲痛な叫びが胸に残ります。

というか、がんちゃんかっこ良いですね。

『AI崩壊』というタイトルなので、AI対人間の構想なのかと思いきや、AI目線も残しつつかなり人間臭いシーンも盛り込まれている様子が見て取れました。

科学者や刑事、国やAI管理会社など、さまざまな立場の人たちの思いや信念が映像に濃く現れています。

近未来というリアルに想像できる未来で起きる、「衝撃の結末」とはどのような結末なのでしょうか。

映画「AI崩壊」のあらすじネタバレ

AI崩壊-あらすじネタバレキャスト

引用:https://movie.jorudan.co.jp/cinema/37088/

2030年の日本は子どもが人口の10%未満、40%は高齢者と生活保護者という、少子高齢社会がさらに進んだ時代になっていました。

そこへ、天才科学者桐生浩介が医療系AI(のぞみ)を連れて帰国します。

国民の個人情報や健康をAIが管理する機能は、少子高齢化が進んだ社会で受け入れられました。

 

が、しかし

そのAIが年齢や年収、家族構成や犯罪歴などから「生きる価値のある人間」を選定し、選ばれなかった人間が殺されていきます。

もはやAIに支配された世界。

警察の捜査で事件の首謀者とされたのは、AI開発者の浩介でした。

妻を救うために開発したAIに対して、国から許可が下りず妻を亡くした過去を浩介が持っているというのが理由です。

身に覚えのない浩介は逃亡、それを手伝うのはAI管理者であり義弟の西村悟。

一方、AIを駆使して浩介を追い詰める天才刑事の桜庭誠。

AIの暴走が進むなか、それぞれの立場の人々が信念を持って行動しています。

AIが拡散した社会で起こりうる近未来の問題とそこで繰り広げられる人間ドラマとは、そしてAI暴走の果ての衝撃結末とは――。

映画「AI崩壊」の評価口コミや感想

https://twitter.com/tottoko_721/status/1219605385985740805

映画「AI崩壊」の主題歌

 

  • 歌手名:AI
  • 楽曲名:僕らを待つ場所

本作のために、歌手であるAIが新曲を書き下ろしています。

本作が『AIを取り扱う人間』をクローズアップしている作品なので、「人間の温かい声」を届けたかったと語っているようです。

そのためにこれまでの楽曲の中で最もシンプルな音になっているほどの力の入れ具合。

聴く人の心をがしっとつかんで離さず、温かい気持ちにしてくれるAIの歌声ほど、本作のテーマにマッチするものはありません。

監督の入江悠も「本作にはソウルフルなシンガーであるAIの力強い歌声が必要だった」と語っています。

映画が終わったあとに流れる『僕らを待つ場所』が、映画の余韻を倍増することは間違いありません。

映画「AI崩壊」の見所

https://twitter.com/AI_houkai/status/1213429872569139200

単に「追う、追われる」というドキドキ、ハラハラだけでなく、AIが暴走するという近い将来にあり得る事態を取り扱っていることが一番の見どころです。

AIがこの世に登場して久しく、さまざまなところで活用されています。

まだ「AIを支配する」人間ですが、本作では「AIに支配される」人間が描かれます。

しかも、捜査に活用されるのもAIというおまけ付き。

リアルに想像できる未来だからこそ、より内容に引き込まれます。

 

また、監督の入江悠はよりリアルを追求するため、「カーアクションはCGに頼らない」撮影方法を選んでいます。

迫力あるアクションシーンだからこそ出されるキャストの迫真の演技にも注目です。

キャストといえば、大沢たかおが語る「俳優人生をかけた」演技や岩田剛典のクールな演技へ期待が高まります。

まとめ

『AI崩壊』のキャストや、あらすじネタバレ、評価口コミ感想、そして主題歌などについてご紹介してきました。

AIが崩壊した社会で人間は生きていけるのでしょうか。

あらすじを見ていくかぎり、まったく衝撃の結末がどのようなものなのか予想できません。

映画を実際に見に行って確認するしか方法はないようです。

映画のエンディングロールの場面で「そういうことだったのか」と思いながら、歌手AIの力強い主題歌『僕らを待つ場所』で余韻を倍増して、映画館を後にしたいものです。

ドキドキ・ハラハラのアクション要素や、事件が解明されていくサスペンス要素があり、それを豪華キャスト陣で彩った『AI崩壊』。

アクション、サスペンス好きの方必見の映画です。

がんちゃんファンはすでに前売り券まで購入しているのではないでしょうか。

関連記事:

AI崩壊のムビチケ前売り券情報はこちら↓